リコピンは男性の不妊治療に有益

シェフィールド大学の研究チームは、「European Journal of Nutrition」にて、トマトの赤い色素成分「リコピン」を含むダイエットサプリメントにより、精子の質が改善すると発表した。
リコピンは、野菜・果物に含まれ、トマトの赤い色素成分である。しかしながら、人体に吸収されにくく、今回の研究では、ラクトリコペン製剤を使用している。
研究チームは、健康な男性60人(19?30歳)を対象に、ダブルブラインド(二重盲検)ランダム化比較試験を行い、ラクトリコペンが精子の質に与える影響を検証した。
臨床試験において、被験者のうち半数は12週間ラクトリコペン製剤を摂取した。臨床試験の開始前および終了後に精子と血液サンプルを採取したところ、ラクトリコペンを摂取した男性では、特に、精子形態(サイズ、形状)は劇的に改善した。健康な精子形態の割合は増し、運動速度の速い精子が約40%高まった。
研究チームは、今後、大規模な臨床試験の必要性はあるが、リコピンは男性の不妊治療に有益であると結論付けている。

Dietary supplement from tomatoes discovered to boost sperm quality

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。