治療費

2020年4月から
初診料 1000円

再診料
治療時間30分以内は4000円、
30分以上60分以内は5000円、
60分以上90分以内は6000円、

という風に30分ごとに1000円ずつアップしていきます。

小学生以下3000円
乳幼児2000円

皮内鍼一個につき、200円、

よろしくお願い申し上げます。

4月からの治療費について

こんなご時世で申し訳ないのですが、、もっと早くにお伝えしないと思っていたのですが。
去年の消費税値上げから頑張ってまいりましたが、限界がいろんな意味で来たようです。
うちは、予約制なので、待ち時間はほとんどないのですが、人によってはお待ちいただく場合がございます。
それは治療時間が長く掛かる人がいますのでそうなります。
で、その場合に限っては治療時間(予約時間)を多めにとっていました。
それでは治療が円滑に回らないこともあります。
駐車場も2台しか停められないですし、後の患者さんにご迷惑をおかけしてきました。

色々悩んだのですが、4月から治療時間が30分以上1時間未満な方は1000円アップします。1時間以上かかる方はそれ以上いただくことになります。m(__)m

○初診料 1000円
○中学生以上 4000円
○小学生以下 3000円
○乳幼児 2000円

再診の治療時間が30分から1時間の場合、5000円。1時間以上かかる場合、6000円になります。

ということなんですが、ほとんどの人は今まで通りと思います。一部の方のみ上がります。
ツボの数が多い人は必然的に時間がかかります。掛からないようにいつも指導しています。
産める体質が出来上がるまでは個人差があります。でも皆さん、早い人で一ヶ月以内で30分で済むようになります。1年経っても1時間以上かかる人もいます。
皆様の早期の妊娠、安産を願っています。

着床日の調整

まだまだ朝は寒い日が続いています。
この時期、冷えで自律神経が乱れやすいですね。
そして胃が冷えて、左右の排卵日が狂います。
ということは着床日が狂うことを意味しています。

具体的には、気の流れの電圧が左側が7、右側が3くらいの割合になりやすいです。
なので、左側の卵巣が早く成熟しがちになります。
そして右側は遅くなります。
ということで、着床日が合わないようになってきます。
冬に、妊娠率が下がるのはこのためです。

それを防ぐには、胃を冷やさないこと。
消化の良いものを食べる、良く噛んで食べるなど、胃に優しいことを進んでします。
お灸も効果的だと思います。ツボは私に聞いてください。

また、リンパも冷えやすく排卵が狂いやすくなります。
これもお灸が効果的です。

私には卵胞の成熟度合いが手にとるようにわかります。