解熱鎮静剤の服用と胎児に与える影響

エジンバラ大学の研究により、妊娠期間中、長期に亘り、母親が「タイレノール」「パラセタモール」といった解熱鎮静剤を服用すると、胎児が男の子である場合、影響を受け、将来、不妊症になる可能性があると判明した。
「タイレノール」「パラセタモール」は、妊娠期間中でも安心して服用できる解熱鎮痛剤として推奨されている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について