証の診断について

証の診断 について

漢方の"証"は、検証の"証"と同じような意味をもちます。漢方治療は証をチェックすること、つまり体の状態を検証することからはじまります。その具体的な方法として、4つの診察法があります。「望診(ぼうしん)」、「聞診(ぶんしん)」、「問診(もんしん)」、「切診(せっしん)」の4つです。これをまとめて四診(ししん)と呼びます。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について