卵胞と内膜の作り方の違い

卵胞と内膜の作り方の違い
卵巣と子宮の決定的な違いは作用が反対だということ。
卵巣は交感神経を緊張させた方ができやすい。
子宮は副交感神経を緊張させた方が出来やすいんです。
卵巣は緊張しやすい方でもできやすい。
しかし、過緊張すると多嚢胞になりやすい。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について