私はなぜ鍼灸師なのか?

私は小さい頃から体が弱かった!扁桃腺炎にすぐなった。40度くらい熱が出ます。
小学校4年までは12月〜3月まで、月に10日くらいは扁桃炎やインフルエンザで学校を
休んでいました。勉強も侭ならない、
ある時、お祖父さんが誰かに聞いてきた、良い治療院があると。お灸をするらしい。
私は何も疑問もなかった!治ればいいと、、、
そして初めて行ったその治療院は暗くて独特の雰囲気、裸電球1つで、、、
今思えば、大きいお灸をやっていた!熱かったが我慢が出来た!そんなに苦痛はなかった!
ツボは黒く焼けていたが、それが普通と思っていた。それに倉敷から水島までドライブ気分で通っていた(^_^;)
その頃の私はドライブするのが大好きであった、今もそうだが(^_^;)
3ヶ月くらい経った頃、もういいよといわれた!残念ながら治療は終わったようだった!
秋から冬に掛けて治療に通ったわけだが、その後の寒い冬が来ても風邪すらひかない!
それから33年、私は扁桃腺炎になっていない!すばらしい!
今になって分かったのだが、私は生まれつき肺虚、腎虚なのです、なので喉や肺が弱く、風邪をひきやすい!
医者にもとことん通いました、注射は軽く100本は超えています、それでも治らなかった!いや、医者では治らないと子供ながら思っていた
私の両親は私が勉強が出来るようにと毎日塾に通わさしてもらっていた、それが医者になっても治せないと分かっていた
私はそれから高校の3年まで勉強に身が入らない日々が続いた、いや勉強する気にならなかった!
いや、明治鍼灸大学(明治国際医療大学)を卒業してももう一つ身が入らなかった!(^_^;)
病院に就職すると分からないことばかり、焦りました!その頃からかな、勉強が好きになってきたのは、、、
いまは勉強が好きで何時間やっても疲れません、いや、最近は老眼が、、、(^_^;)
難病の患者さんが来院すればするほどファイトが沸いてくる!!!
私の変な特異体質として一度治した病気は頭が覚えていて色々応用が利くのです
誰一人として同じ電磁波を持っている人は居ません!似ている人は居ます、そこが治療として難しいところです。
これからも良い経験を積み精進し皆さんが幸せになれるように頑張りたいと思います。
あと何年掛かるか分かりませんが、60歳までにほとんどの難病はクリア出来るように頑張ります。

(Visited 14 times, 1 visits today)