病は気から

現代医学ではまだまだ解明されていない妊娠のプロセス!

身体は現代医学では原因は無いのに妊娠にいたらない。

何故なんでしょう?

それは現代医学では人間本来の研究が進んでないことがあげられます。人間とはなんぞや?普通の動物とは違うことは皆さんご存知の通りと思います。では出産は動物と同じではないのか?というのが現代医学でしょう?
でも実際は違います!人間は悩んだり、相手のことを思いやることが出来ます。コミニケーションをとるために白目があったりします。この白目は相手に自分の考えを伝えやすくするためと言われています。猿や犬にはありません。

では本題です。

病院などで、どこも原因が無いのに「わからない」なんて言われると、「どうして私が、、」なんて悩みますよね!
年月とともにそれは重なりあって非常に重くなってきます。鬱の状態になってきます。
そうすると、下腹がおかしくなってきます、小腸の機能が低下するようになってきます。
すると抵抗力を下げてしまいます!それが、「病は気からです」。
それを治療するには手にあるツボを使います、すると見事に下腹部の曇りは取れてしまいます。
ついでに前頭葉にある鬱の症状も取ります。

必要なのは「希望」なんですね、「わからない」ではありません!それで終わっては駄目です。
わかるように日々の努力を怠りなくやるのが私たちの使命です。

そう光を見えるように努力すべきです。「希望の光です」。
その光に「コウノトリは降りてきます」。

(Visited 9 times, 1 visits today)