亜鉛サプリメントには、卵母細胞および精細胞のミトコンドリア損傷を防ぐ作用がある

2月4日、ウェイン州立大学医学部(アメリカ)の研究チームは、同大学プレリリースを通じて、亜鉛サプリメントには、卵母細胞および精細胞のミトコンドリア損傷を防ぐ作用があると発表した。研究論文は「Reproductive Sciences」に掲載されている。

サイトカインストーム(血中サイトカインの異常上昇と急増によって身体に炎症、組織損傷、臓器不全を誘発する現象)に関連する亜鉛の欠乏は、未成熟な卵子および精子において、ミトコンドリア損傷、活性酸素種(ROS:細胞の運命を決定づける傷害因子・シグナル因子)の蓄積を引き起こす。ミトコンドリア損傷、活性酸素種は、妊娠成立を妨げる。

今回、亜鉛は抗酸化剤・抗炎症剤として作用し、新型コロナウイルス感染症に対する免疫反応の結果、卵母細胞および精細胞が受けるダメージを防ぎ、損傷程度を軽減できることが認められた。亜鉛サプリメントによって受精卵(胚)の質は改善し、妊娠合併症リスクは低下するという。

また、亜鉛は、酸化的細胞損傷を防ぎ、免疫力やウイルスへの攻撃を高める。したがって、新型コロナウイルス感染症(COVID‐19)のパンデミック・世界的な大流行が収束しない状況下において、自然妊娠あるいは不妊治療による妊娠を目指して妊活する男女に対して亜鉛サプリメント摂取を推奨する。

妊活中の男女が、1日の上限用量50mgとして、毎日、亜鉛サプリメントを摂取することにより、ウイルスに対する免疫力が高まるという。


亜鉛を摂るには、国産(広島産)牡蠣エキスを使った至高の1粒【OYSTER NATURAL ENERGY】

妊活をサポートしてくれる成分配合のサプリ。「ミト葉酸」
ミトコンドリアと葉酸をW配合しています。 ミト葉酸は、妊活中に一番気を付けるべき「栄養」をサポートするサプリメント! 妊活中の夫婦向け・頑張るプレママに!

Zinc may help with fertility during COVID-19 pandemic, researchers report

足三里の正確な位置

足三里ってこの辺!(笑)
以前、足三里は妊娠に重要なツボだと言うことをお知らせしました。
ですが、精神的に弱い人や、常にストレスを抱えている人は、お灸をした方が妊娠に近づけます。なのですが、どうしても、せんねんきゅうなどの温灸では20%も効いていません。いや、それ以下かもしれません。せめて鍼灸師の方に場所を選定してもらわないといけません。印をつけていただくのです。

しかし、そのツボは正確ではないことの方が多いです。
以前に、胃を悪くすれば子宮に影響が出ることを書きました。でもその子宮がどのように歪みが出ているかは、普通、超音波で見るしかありませんよね?私にはわかりますが(笑)闇雲にツボを取っても効果が分かりにくいですよね?なので20%以下なのです。いつも書いていますが、胃のどこが悪いかで、ツボの位置が変わります。胃の上の方なのか下の方なのかとか!内側なのか外側なのか!とか?十二指腸なのか?と、悪い部位によってツボの位置が変わります。そこを正確に捉えることが出来れば、簡単に治ったりします。

子宮が歪むと子宮内膜に隔たりが出ます。それで妊娠できないことが多くあります。内膜が何mmあろうが関係ありません。いくら受精卵の良いのが採れても意味がなさないことも多いです。最後の着床が、うまくいかないのはこれかも知れません。

最後に、胃が悪くなるのは、人それぞれ、人に影響を受けやすい人や食事が悪い人など様々です。
せめて、胃を改善し、子宮を健全に保ちたいものですね。。

鉄や亜鉛、葉酸などのサプリについて

今までは、このようなサプリについて、患者様にお任せしていましたが、どうしても体質に合わなかったり、効果が薄いなどの相談が多々あります。
これからは患者様にお勧め出来そうなものを厳選し、ホームページに載せたいと思います。
特にAMHが43歳以上の方や高血糖な男性にお勧めします。

具体的には、
は貧血の方々に適応されがちですが、人によっては高い方が良い場合(13.5)くらい、低い方が良い場合(11.0)もあります。
特に不育症の方々にとっては、高ヘモグロビンは胎盤の詰まりを誘発しがちです。しかし、AMHが低い場合には13.5くらいあっても良いのです。
男性も低ヘモグロビンの方が多い傾向にあります。13くらい。13と言えば献血出来るギリギリのところ、サプリで改善を期待できると思います。
DHEAも不足すると良くありません。DHEAってなに?オムロンのサイト 低ヘモグロビンの男性はこの傾向が強いと思われます。

亜鉛は貝類に沢山含まれていますが、自然界そのままのはリスクがあります。亜鉛は男性不妊の方に特によく効きます。低AMHの女性の方にも良く効きます。

妊娠できる子宮を育てるためにはカルシウムが必要ですが、サプリでも摂ることができます。食品から摂るにはビタミンDを摂ることで解決できます。それには、干し椎茸を水で戻し、一枚/日、摂ることがいいようです。

問題は高血糖(85〜)である、これは遺伝子を損傷してしまう、しかも100近くなると、ほとんどが損傷していて完全不妊になる。改善するには夜飯の質と食べ方で睡眠の質が変わり血糖が上下しやすい。肝は肝臓に負担を与えない食事と睡眠なのである。
それと枕が重要である、最近ではPCなどで首から肩にかけて凝りがひどく、自律神経を痛めていて免疫機能が低下している人にも効果的である。枕で睡眠の質が上がります。

妊活を成功に導くには、体質を良い方向にしなければならないが、食事から変えていくのが一番、中々良い食材が手に入りにくい問題があります。昨日、TVでやっていましたが、農家や漁師さんから直接購入できるサイトがあります。安くて新鮮な物が手に入りますね。

このような理由からサプリなどの有用性が実証されています。
これからは色々なサプリを探求し探していきたいと思います。

ーーー
肝臓や腸に鉄やミネラルがたまると良くないので、治療の時にお知らせしたいと思います。

過緊張からくる不妊

病院やクリニックに行く度に、過度の緊張を起こし、胃に負担がかかり子宮に悪影響がある人がいます。
何のための治療なのか何のための病院なのか何をしたいのか、よく考えてください、

体外受精や人工授精などで、受精卵や精子を子宮に戻す時、なんらかのトラブルがあり過度の緊張を起こすそうです。何か対策を練らないといつまで経っても本末転倒なのです。
毎度トラブルを起こすようなら転院も考えたほうがよさそうですね。

それらがない人は成功率が非常に高いのが普通です。