受精卵の周りを覆う「透明帯」と呼ばれるタンパク質の層を除去する治療法が有効

新たな治療方法を明らかにしたのは、鳥取県米子市の「ミオ・ファティリティ・クリニック」です。

クリニックでは、卵子の老化などで体外受精をくり返しても受精卵が正常に成長しない場合、「透明帯」と呼ばれる受精卵の周りを覆うタンパク質の層が細胞の分裂を邪魔していると考え、複数の夫婦から同意を得たうえで検証を行い、受精直後の69の受精卵から「透明帯」を取り除いたところ、36の受精卵が正常に成長したということです。

これを治療に用いた結果、10回以上体外受精を行っても受精卵が育たなかった30代後半の夫婦2組が妊娠に成功したほか、別の40代の夫婦2組の受精卵も正常に育ち、近く、子宮への移植が行われるということです。

クリニックの見尾保幸院長は「卵子の老化などで不妊治療を続けても、うまくいかず苦しんできた夫婦を救うことにつなげたい」と話しています。

新型肺炎(COVID-19)は肝臓次第

最近、ある子供を見たが、明らかに黄疸症状が出ていました。前から気になっていたのですが、良い機会があったので診てみました。案の定、肝臓が悪かった。必殺技を使い治しましたが、どこから来ているのか、わからずじまいでした。そういったことを見逃していたのでは私の能力不足ですね。私の診たところ、すぐに治ったので重症ではないと思いますが、原因究明が肝心です。でもそれを伝えるのは、親のストレスの元となり得るので治ったのでそれで良いかと!思っている次第です。。

話が逸れましたが、新型肺炎とかの感染症は肝臓が普通ですと、抗体ができやすく症状が出ないことも普通です。糖尿病や心臓病を抱えている人は肝臓が悪い(負担になっている)ことが多く、感染すると重症化の危険をはらんでいます。ワクチンが出来ても肝臓が悪いと副作用が出やすくなります。

肝心なのは病気とは予防が一番であって、罹ってしまっては遅いこともあります。
予防には、心肺機能を上げることが良いです。特に肺が強い人は症状も出ません。冬は運動不足になりやすく、風邪をひきやすい。インフルエンザにいつも罹る人は新型肺炎に罹りやすいです。毎年インフルエンザに罹る人は要注意です。
話はまた逸れますが、インフルエンザに罹る人は妊娠しやすいです。男の方は罹らない方が精子が強い方が多いです。精子が持っている抗体が強い人の方が妊娠させやすいのです。つわりは出やすいですが。血糖値が高い人は風邪をひきやすくなります。それだけ免疫が落ちている証拠です。

新型肺炎には肝臓の強化と心肺機能の強化がキモです。

肝臓の状態は数値に出ないこともあります。

シークヮーサー、肝機能改善か

出産報告

いつもお世話になります。
○○です。

4月26日 1時26分に元気な男の子を出産しました!

土曜日の午後から本陣痛が始まり、順調に子宮口が開いていきましたが、赤ちゃんはなんと3590グラムあったようで…
回旋と産道通過に時間がかかり、本陣痛から約12時間、病院着いてからは約8時間での出産でした。

こうして元気な赤ちゃんが産めたのも先生と奥様のお陰です。
本当にありがとうございました!

これから旦那や両親にもサポートしてもらいながら育児頑張りたいと思います。
二人目の際はまたお世話になろうと思うのでその時はよろしくお願いします。
(それまで旦那の健康管理にも気を付けます…)

shige