薬の副作用を治すツボ

排卵剤やピルを使うと様様な副作用がでます。
それを解消するツボもあります。

例えばピル。プラノバール、ソフィアA配合錠など、
自律神経が悪くなる副作用が出やすいですが、、消化器官が影響を受けやすいのでそのツボを使う。
胃、大腸、小腸、などのツボ。
そして自律神経のツボを調節する。

排卵誘発剤
クロミッド、セキソビット、フェマーラなど、
鬱になりやすい。これに効くツボは沢山有る。やはりストレスや自律神経系のツボを使う。

HCG
これも自律神経系のツボを使う。

卵胞ホルモン剤
プレマリン、ジュリナ貼り薬:エストラーナなど、
以前は、あまり副作用は少ないと思っていたが、やはりあります。自律神経が悪くなります。そのツボを使います。

黄体ホルモン剤
ルトラール、デュファストンなど、
同上

排卵をコントロールするGnRH(LHサージ抑制剤)なんかも副作用よく出ますね。
スプレキュアなど、

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。

コメントを残す