注目

不妊、不育症をツボの力で治します。

二人目不妊の原因は、90%以上の確率で、男性の血糖値にあります。85mg/dl以下が望ましい。HbA1cは5.2%未満が望ましい。
不育症の原因は、女性のヘモグロビンを正常値に保つこと。12.5dlくらいが望ましい。95%以上の方が出産できる。

このサイトは主に不妊症や不育症について書かれています。少しでも不妊症、不育症に悩む方々にヒントになれば幸いです。

東北地方の早期の復興と皆様のご多幸、御健康をお祈りします。
熊本大地震でお亡くなりになられた方々のお悔やみ申し上げます。早期の復興を祈願し西国三十三所を巡礼させていただきたいと思います。
西日本集中豪雨により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 被災された皆様の安全と一日も早い復興をお祈り申し上げます。
この度の台風19号で被害に遭われた方々に謹んで心よりお見舞申し上げます。

〇当院が使用している鍼灸針は完全滅菌処理した使い捨てタイプです。
パレットも使い捨てタイプを使用しています。

予約は電話で御願いしています。
◯初診は当分の間、不妊、不育症の方に限らせて頂きます。
 お子様は午前の予約のみ受け付けます。

TEL 086-427-9680

〒710‐0047 岡山県倉敷市大島503‐1‐101
営業時間 午前 9〜12時 午後 3〜5時30分
休日 水、木、日曜日
院長 今井 義信
(社)日本鍼灸師会会員 (社)岡山県鍼灸師会会員
メールはこちら
携帯電話からのメールの場合アドレスを許可してください。

治療費は
初診5000円、次回からは4000円。になります。

休診日はこちら

初診の方は、来院するにあたってをよく読んでから来院されてください。

不妊問診票はこちら

お子ちゃまや妊婦の方が頻繁に出入りしますのでご留意お願いします。
日焼け止めや保湿ケア製品には気をつけて
鍼治療とストレス緩和について
男性不妊のツボについて
70%の方が自然妊娠できる
肝臓とは
人間を知る
44歳以上の妊活について
鎮痛薬のイブプロフェン、男性不妊に関係か
2015年体外受精の出産率は11.7%
オクラと男性不妊
日本は不妊治療の成功率ワースト1
マグロ過食に注意 妊婦から胎児へ影響
終末糖化産物の蓄積が不妊治療の成績に影響する。
PCOSで皮膚に現れる特徴
胡麻は男性不妊に効くか!?
体内時計が狂うと不妊症になりやすい
夜のコーヒーに体内時計乱す作用
ビタミンDを魚で摂る。
着床前スクリーニング
日本産科婦人科学会2012年ART出生率
肉の種類と体外受精成功率
甲状腺ホルモン不足、ADHDと関連か?
遺伝的な腸内細菌
現状を打破したい
授かるということ!
米ぬか摂取の勧め
信念たるツボ
肝臓力
心と体
心の持って行き方
卵子も精子も老化しない。
男性生殖力アップのために必要な6項目
不妊症を防ぐ5つの方法
針治療は安全、経済的な治療法である。
奇跡
低体脂肪率、ビタミンD不足 卵子減少に影響か
信仰心のある人ほど妊娠しやすい
不育症の本質!!

このブログには一部会員登録が必要なページがあります。
登録はこちらからお願いします。無料です。ログインはこちら。

健康に高齢で出産できる秘密!

43歳以上になると、各数値(FSH,AMHなど)は悪くなります。
当たり前ですが(笑)
でも産まれてる。健康に!
え、じゃ数値って何?
まぁ参考にはなりますよね。

しかし、出産率60%という記録を残した年もあるのは事実。しかも健康に。
60%という数値は、30歳代の体外受精よりもいいのですよ。。それも43歳以上なのによ。(笑)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

不妊検査、男性も早期に

日経新聞によると、

世界保健機関(WHO)によると、不妊のうち男性に原因があるのは24%、男女双方にあるのも24%で、合計48%は男性にも原因があるという。

厚生労働省の研究班が実施した調査では、2014年度に男性不妊で約40人の専門医を受診した約7200人のうち、「精子無力症」や「乏精子症」など精子の数や運動率が低下していた患者が全体の約7割を占めた。自然妊娠が困難で治療が必要な「無精子症」や「高度乏精子症」の患者は合計すると全体の3分の1以上だった。
専門医を受診した患者の約8割が精子をつくる機能が低下している「造精機能障害」。このうち半数は原因不明だが、約4割が静脈血が精巣に逆流し、精子をつくる機能が低下する「精索静脈瘤」だった。

「超音波検査で精索静脈の太さが3ミリ以上なら顕微鏡下の精索静脈瘤手術が有効」、約7割の患者に改善がみられるという。18年度から健康保険の適用対象となり多くの施設で実施する。「技術レベルの差が大きい」らしい。
調査で2番目に多かったのは勃起不全(ED)などの「性機能障害」で1割強に上る。

不妊治療は女性が受け、受診窓口も婦人科が多く、男性が受診しにくい。19年4月時点で生殖医療を専門とする婦人科医は722人だが、男性の不妊治療を専門とする泌尿器科医は63人。

最近では、男女の生殖医療の窓口を統合した「リプロダクションセンター」を新設するところも増えてきた。
各自治体が全国60カ所以上で設置する「不妊専門相談センター」は男性も活用できる。電話や一対一の面談で医師や助産師などの専門家に無料で相談でき、横浜市や石川県、兵庫県、高知県などでは泌尿器科医師による面接相談もあり、男性の不妊に積極的に応じる態勢を整えている。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

子供は男が産ますのです。

この記事は、2013年3月8日の記事です。
ーーーーー

何度もここで書いてますが、、(笑)
不妊治療の前にやることがあります。
夫婦間の話し合いです。

うちでは75%の方が出来る。原因がわからないのは10%。
あとの15%の方々が適応ですね。

男が子供をほしがるのであればスムーズに不妊治療出来ます。
奥様のストレスが緩和されるからです。
不妊ストレスの原因はほとんどこれに相当するといっていい。
ストレスが溜まれば自律神経の乱れがおき、まともに薬とか効かなくなります。
こんなことやってませんか?旦那様

◯仕事で夜遅く帰って来る。
◯物に走っている。
◯奥様の話を聞かない。
◯タイミングがとれない。

こんなこと独身時代ですか?普通、不妊治療は夫婦間で行うものです。

男がやる気になれば普通に出来ます。