胡麻は男性不妊に効くか!?

「Journal of Research in Medical Sciences」掲載の研究論文にて、ゴマには精子数・精子運動率を改善する効果があると報告されている。
日常的にゴマを摂取することにより、男性不妊の改善に効果があるという。専門家らは、男性不妊の治療において、ゴマの摂取は効果的で安全な治療法であると主張している。
27歳から40歳まで、不妊に悩む男性25人を対象に、精子の質に対するゴマの効果に関する臨床試験を実施した。3ヶ月間、ゴマ0.5mg/kg(体重×0.5ミリグラム)を摂取した結果、被験者の男性は、精子数・精子運動率が著しく改善した。
当初、被験者らは、精子数・精子運動率・精子形態より体外受精や顕微受精が必要な状態であった。3ヶ月間ゴマを摂取したところ、被験者のうち2人は、不妊治療を一切行わずに性行為のみでパートナーが自然妊娠したという。
ゴマには抗酸化効果、老化防止効果があり、活性酵素とリグナンを豊富に含む。活性酵素とリグナンは、エストロゲンに似た働きをする為、精巣上体に貯蔵される精子を改善し、より大きな精母細胞(精子を生産する生殖細胞の前駆体)の生育を促すという。
研究を通して、ゴマに含まれるリグナンにより、精子数・精子運動率が改善されると判明した。

http://www.thehealthsite.com/diseases-conditions/sesame-seeds-can-fight-infertility-study-v1215/