電子タバコの使用は生殖機能や子供の健康に悪影響を及ぼす。

今、話題の電子タバコですが、

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究チームは、「Journal of the Endocrine Society」にて、電子タバコが生殖機能を損なわせ、妊娠結果に悪影響を及ぼすと発表した。マウスによる実験より、妊娠前の電子タバコ使用は、受精卵の子宮への着床を顕著に遅らせることが認められた。生産の時期を遅らせ、生殖機能は減退した。
若い世代では、妊娠期にタバコの代わりに電子タバコを吸う女性が少なくない。
電子タバコをタバコの安全な代替品と考えるが、電子タバコが生殖機能や妊娠結果に与える影響は知られていない。
研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、電子タバコが生殖機能や子供の健康に与える影響を検証した。
雌マウスを電子タバコにさらしたところ、受精卵の子宮への着床率は下がり、最初の妊娠・出産時期が顕著に遅れた。妊娠前の電子タバコ使用が生殖機能を減退させ、着床率の低下、初産の年齢上昇をまねくことが認められた。
妊娠期のマウスが電子タバコを使用した場合、メスの子マウスでは、長期に及ぶ健康影響を受け、代謝作用は、生涯に亘って変化した。また、胎内にて電子タバコに晒された子マウスは、標準体重より重くなった。
研究チームは、妊活中、妊娠前・中の電子タバコ使用は生殖機能や子供の健康に悪影響を及ぼし、タバコの安全な代替品ではないと強調する。

Vaping may impair fertility and pregnancy outcomes

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。