赤ちゃんは子宮の中にいる時から言語を理解し始める

これは、ワシントンのPacific Lutheran大学の研究者Christine Moon氏が発表したもので、胎児が胎児期に母親のしゃべっている言語の特定の語音を学んでいるということを示した初の研究なんです。 

ちなみに、どうやって調べたかというと、研究者たちは、電子的にモニターされているおしゃぶりを吸わせることによって、若い赤ちゃんの注意を測定しました。すると、赤ちゃんたちは母親の声がすると、知らない人の声のときよりもはるかに強い注意を払っていることが分かりました。つまり、子宮の中にいる時から、赤ちゃんたちは母親の声を聞き、ある程度のレベルでよく聞く声や語音を認識しているんです。

チームはこういった活動が早ければ30週目ぐらいから始まっているのではないかと推測しています。具体的に子宮の中でどのぐらい詳細に聞こえているのか? 認知しているのか? はまだ不明です。でも、1つ確かな事は、奥様が妊娠していることが分かったら、とりあえずパパとママはグチをこぼしたり、喧嘩したり、普段から汚い言葉づかいをしないようにした方がいいってことです。

胎教(笑)

Medical Xpress

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。