ビスフェノールAの影響により胎児の肺機能低下の危険性

バルセロナ・グローバルヘルス研究チームは、母子2685組を対象に、妊娠期の母親のビスフェノールA曝露量と子供の肺機能への影響を検証した。妊娠期の母親に対して尿検査を行い、母親のビスフェノールA曝露量を測定した。子供の肺機能は6歳と10歳での検査、質問票より評価した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について