妊娠糖尿病を発症した女性は2型糖尿病の発症リスクが10倍

南オーストラリア大学(オーストラリア)の研究チームは、同大学プレリリースを通じて、妊娠糖尿病を発症した女性は、2型糖尿病の発症リスクが10倍になるといわれるが、実際のところ、2型糖尿病ハイリスク群であることを認識していた女性は三分の一であったと発表した。

これまで、妊娠糖尿病の既往歴がある女性は、2型糖尿病の発症リスクが高まることは立証されている。
同大学は、ユニバーシティ・カレッジ・ダブリン(アイルランド)と共に、妊娠糖尿病の既往歴があるオーストラリア人女性429人を対象に、2型糖尿病に対する知覚リスク(不安・懸念)、減量のための潜在的な障壁、健康な体重を維持するために効果的な方法を検証した。
結果、妊娠糖尿病を発症したことがある女性は、2型糖尿病ハイリスク群であるにも関わらず、リスクを認識している女性は三分の一のみであった。75%の女性は過剰体重であると理解していたが、糖尿病リスクが高いとの認識にはつながらなかったという。
研究チームは、妊娠糖尿病の既往歴がある場合、自分が2型糖尿病ハイリスク群であると認識することが不可欠であり、同時に発症予防が重要であると強調する。

https://www.unisa.edu.au/Media-Centre/Releases/2021/type-2-diabetes-an-unknown-danger-for-women-with-gestational-diabetes/

コメントを残す