人間を治すには

治療方法で世界中を見渡してみると、細胞医学(現代医学)、体質医学(東洋医学など)、ツボ医学(ヨガなども)などがありますが、別々の医療機関でやっている事が多い。特に日本では一つに偏っている事が多い。なので妊娠率が低いのだ。
人間というものは精神的なもので初期判断している事が多い。やる気の元がないと動けないのだ。
日本の教育システムでは国の枠組みに入るよう仕向けられるし洗脳される。実際のところ、現場に出て体験してみないとわからない事が多い。体験できなければ良さもわからない。なので選択もできない。本当の意味でのセカンドオピニオンはできていない。このままでは日本民族は減る一方である。
政治家は当てにできない、予算をどうのこうの言ってるようではやる気のない証拠。
日本は妊娠率、世界最低なのである。

ということを踏まえまして、

医学的に現代、東洋、つぼ、全てをあわせまして出ないと100%に近づけない。
未来に残す課題は大きい。

(Visited 45 times, 1 visits today)

コメントを残す