続、抗核抗体(ANA)と抗セントロメア抗体(ACA)の方へ

ついに降りてきた、私はこれを待ち望んでいた。

私には元々、勉強は必要ないわけで、治ってしまうんですが、数字という勉強すると、真理を間違ってしまう。
でもそれは必要なわけで、これが悩ましいんですが、、まぁ患者さんに説明するため現代医学の情報が必要なわけですが、でもそれは真理ではないことの方が多い。ということはわかっている。出産率を見れば明白である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ANAやACAについて

どうも納得行かないことがある。
自己免疫疾患で不妊が多いことだ!
何か未知のウイルスがあるのかもしれません。
共通性は眼がわるいこと。くらい、、、
もっと考えられるのは、食事からうつること。
遺伝、、
血液感染、、牛、
一つのものを食べ過ぎた故に蓄積したか、、
わからないことだらけだが治ることは確かだ!

ツボって菌にも有効だがウイルスにも有効なんです。

抗セントロメア抗体のツボ

抗セントロメア抗体(ACA)
これがクリア出来れば妊娠率90%も夢ではない。やっと現実化してきたか!?
二人の内、一人はクリア出来た。
数字には出ていないがあと数人いらっしゃる。
夏までに結果がでるだろう!

抗セントロメア抗体(ACA)

抗セントロメア抗体(ACA)は抗核抗体(ANA)の一つであるが、,
高頻度に多全核形成率が高くなる原因はよくわかっていない。

うちに来院されてる患者様の中で2人だけいらっしゃる。
でも症状から察するともう数人いるようではある。
私が診たところ、自律神経関係がおかしくなっている。
ツボの位置も共通性がある。
もし、これが治ったらどれだけの人が救われるだろう。
いつもどおり頑張るしかない。。