2023年合計特殊出生率 1.20で過去最低

ついにこの時がやってきた、出生率1.2

出生数は、72万7277人で、2022年より4万3482人減少した。

原因と思われるのは、コロナ禍以降の経済的不安、長時間労働、育児不安とか色々ありますが、コロナワクチンの影響もあると思います。うちではワクチン3本以上打っている人の排卵がうまくいかなかったという事例がほとんどでした。2022年は全滅という有様でした。今ではほとんどの方が排卵しています。

ということです。
ちなみに岡山県は20位で、1.32,1位は沖縄で1.6,最低は東京で0.99となっています。

治療室TAOでは、今年も45歳の方ができましたが、皆さんも頑張っていきましょう。(笑)

2023年出生率

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントを残す