良い卵子を育てるための胆汁の調整

胆汁って多すぎても少なすぎてもいけません。

多すぎると下痢をします、ミネラル不足になり排卵がうまく行きません、モデル体型の人に多いです。
少なすぎると、血糖値が上昇しやすいです。苦いものを食べると良いです。また、ウルソという薬を飲むと良いです。
血糖値が高いと胆汁がドロドロになったり、胆石ができたりするという研究結果もあります。
また、胆汁の流れが悪いと排卵障害が起こります。というか私に胆嚢が悪いと指摘された方は100%できていない。治りますと出来ている。
なので胆嚢だけは治してください。

Webに書いていたことをリンクしときます。

胆汁とか胆嚢とか、聞き慣れない言葉ばかりでよくわからないという人もいるかもしれない。そんな人は、胆汁は食器用洗剤だと考えてみよう。

「胆汁酸」と「胆汁酸塩」があるおかげで、胆汁は脂肪の球を分解して、より小さな脂肪のしずくにすることができる。このプロセスを「乳化」と呼ぶ。なお、胆汁酸と胆汁酸塩はどちらも基本的には同じものであり、ただ形が違うだけだ。

そこにリパーゼと呼ばれる酵素が登場し、乳化した脂肪を完全に消化することができる。胆汁酸はコレステロールからできていて、胆汁の全成分のほぼ80パーセントを占めている。

まず肝臓で原料が生成され、そこにアミノ酸の「タウリン」と「グリシン」が混入し、胆汁酸の原形ができあがる。タウリンとグリシンが混ざることで水溶性になり、脂肪が乳化しやすくなるのだ。この合成物が胆汁酸塩と呼ばれる。

胆汁酸塩は、小腸の中でバクテリアによって「二次胆汁酸」に変換される。毎日、大量の胆汁酸が小腸に流れ込んでいて、その95パーセントは血流に乗ってまた肝臓に戻ってくる。残りの5パーセントは便と一緒に排泄される。大腸に入った胆汁酸は、水分を集めて便秘を防ぐ働きをする。

大腸内の胆汁が正しく血流に再吸収されないと、「胆汁酸性下痢」と呼ばれる症状が起こる。具体的には慢性的な腹部膨満と水様便だ。胆汁酸性下痢は過敏性腸症候群と間違われることが多い。なお、人口のおよそ1パーセントが胆汁酸性下痢を発症していると考えられる。

胆汁酸は血糖値とも密接な関係があり、?型糖尿病患者やインスリン抵抗性のある人は、胆汁酸の量が足りないことが多い。多くの研究により、血糖値を正常に保つには、胆汁が正しく分泌されている必要があるということがわかっている。

コメントを残す