今年の傾向は

今年はコロナ禍の影響もあり、新患が少ない年でした。しかし、2人目、3人目が欲しい人が増えて妊娠数は例年通りでした。

出来にくい人とは、俗に言う厄がついている人で、特徴としては慢性的に胃がわるくなり、子宮が歪んでいる人が殆どです。女性の方が殆どですが稀に男性もいます。対処の方法は伝えてあり、時間が経てば授かるでしょう。
では、なぜ厄がつくかというと、信じているものを間違っているからです。

1人目がうちで授かった場合、身体が出来ているので2人目はすぐに授かります。

今年はお参りが少なく、厄落としに難儀していました。
早期ににコロナ禍が鎮まることをお祈りしています。

関連記事はこちら

コメントを残す