日本の体外受精ってそれでいいの?

IVFや顕微などの体外受精、出産率は日本全国平均で、11.2%しかない。というのはご存知?ですよね。
では着床前診断して戻したものは、70%あるのをご存知か?知ってるって!あらそう(笑)
どうしてそんなに差があるのでしょう?
どういうことかというと、約2/3の受精卵が壊れていて、出産までできないためである。
え?壊れているのに戻しているの?高額なのに??
これは医療の闇か、それとも??
先進各国は、着床前診断はほとんどの国々でやっている。では日本はなぜしないの?モラル?では先進各国はモラルはないとでも?そのようなものはとうに済んでいます。日本だけなぜ進んでいない?

で、日本で着床前診断して、出産率が70%と書きました。
残りの30%が残念ながら着床しないか、そのほかなのですね。
その30%のうち、25%くらいは出産できると思うんですよね。鍼やお灸をすれば。なぜしない?

今、うちで壁に当たっている男性の高血糖(85位上)は、遺伝子が壊れているので、戻せない。ので問題にならない。なので世界各国では、私が言う、高血糖の数値自体が問題にならないので論文にもなってない!
で、論文しか信じない人はいつまでたっても気がつかないでいる。

早期の治療変革を望む!

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。

コメントを残す