肝臓力

自分で理解していることや思いを相手に伝えるのは非常に難しい事だと思う。
私はいつも強制はしない、方法を選ぶのは貴方の考え方で変わって来る。

ここはこうやった方がいいんじゃないの?それはこうなのだからとか、これはこうだからこうなるのであってこうしたら楽なんじゃないの?とか、何事も絶対というのはありえない。貴方の事は貴方が一番解っていると思う。だからあえて正解は言わないようにしている。しかし、最近は答えを言い過ぎている事も有ります。是はイカン!自分で考えて出した答えは強い!たとえ、今は間違った方向に進んでいてもいつかは目標を達成出来る。ようにさとしたいと思ってはいるが中々難しい。症状は一人一人違っていて目標も違う。ただ、ただです、年齢は待ってはくれません。42歳を過ぎると厳しくなって来るというのは知っていますよね?出産確率2%以下というもの。でもうちではそんなことありえないですが、、世間一般ではそういうことなんですね。体外受精は全年齢含めて出産確率10%です。という厳しい現実があります、、が、ではなぜそのように確率が低いのでしょうか?考えれることは今やっている事が間違っている可能性が高いと言う事。例えば、良い壊れていない遺伝子を持った卵胞をつくるには薬の使い方では無いような気がします。肝臓機能の善し悪しで変わってくることが多いような気がするのです。結果的に薬の選び方になってくる。いや方法論になっている。肝臓を労る事が不妊治療だとは中々伝えにくいんです。(笑)また、肝臓の調子によって考え方も変わって来るから奥が深い。さらにどの医療機関に行っても肝臓は治しにくい。ということが私は若い頃から解っていたので肝臓の事を猛勉強しました。で、私なりに治す方法を身につけた。だから沢山妊娠するようになったのだと思います。
人に物事を伝える事の難しさをしみじみと反省もこめて私なりに頑張って行こうと思います。

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。

コメントを残す