針治療は安全、経済的な治療法である。

生殖医学や内分泌学の専門家が2002年から2012年の間に発表された研究報告書87件をメタ分析したところ、針治療や生薬(漢方薬)は不妊、婦人科系疾患の治療にて有用性があるという分析結果が出た。

針治療や生薬(漢方薬)には、不妊、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)、子宮内膜症、月経困難症で悩む女性の体外受精による妊娠成功率を高める効果がある。従来の治療法より副作用も少なく、ホルモン療法や手術以上に有用性があるという。

従来の治療による体外受精(4回以上の受精卵移植)成功率は24%であった一方、針治療を加えると成功率は42.5%まで増加した。

研究者らは、針治療は安全、経済的な治療法であると述べている。また、針治療は陣痛・分娩の痛み緩和、分娩時間の短縮、子宮の収縮、産後のトラブルなどに対して効果的な治療法であると分かった。

http://www.healthcmi.com/Acupuncture-Continuing-Education-News/1327-acupuncture-herbs-enhance-fertility-treatments-finding

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。