新型肺炎(COVID-19)は肝臓次第

最近、ある子供を見たが、明らかに黄疸症状が出ていました。前から気になっていたのですが、良い機会があったので診てみました。案の定、肝臓が悪かった。必殺技を使い治しましたが、どこから来ているのか、わからずじまいでした。そういったことを見逃していたのでは私の能力不足ですね。私の診たところ、すぐに治ったので重症ではないと思いますが、原因究明が肝心です。でもそれを伝えるのは、親のストレスの元となり得るので治ったのでそれで良いかと!思っている次第です。。

話が逸れましたが、新型肺炎とかの感染症は肝臓が普通ですと、抗体ができやすく症状が出ないことも普通です。糖尿病や心臓病を抱えている人は肝臓が悪い(負担になっている)ことが多く、感染すると重症化の危険をはらんでいます。ワクチンが出来ても肝臓が悪いと副作用が出やすくなります。

肝心なのは病気とは予防が一番であって、罹ってしまっては遅いこともあります。
予防には、心肺機能を上げることが良いです。特に肺が強い人は症状も出ません。冬は運動不足になりやすく、風邪をひきやすい。インフルエンザにいつも罹る人は新型肺炎に罹りやすいです。毎年インフルエンザに罹る人は要注意です。
話はまた逸れますが、インフルエンザに罹る人は妊娠しやすいです。男の方は罹らない方が精子が強い方が多いです。精子が持っている抗体が強い人の方が妊娠させやすいのです。つわりは出やすいですが。血糖値が高い人は風邪をひきやすくなります。それだけ免疫が落ちている証拠です。

新型肺炎には肝臓の強化と心肺機能の強化がキモです。

肝臓の状態は数値に出ないこともあります。

シークヮーサー、肝機能改善か

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。

コメントを残す