高プロラクチン血症のツボ

高プロラクチン血症とは、授乳期間中でもないのに血中のプロラクチン濃度が高くなることをいう。

プロラクチンとは脳の下垂体から分泌されるホルモンで、乳腺の発達を促進し、乳汁を分泌させる働きを持っている。

高くなると授乳中と同じような状態となり排卵障害を起こしたりします。

薬によって高くなる事も有ります。ピル、胃潰瘍の治療薬、抗うつ剤、降圧剤などの薬を長期間服用することにより、ホルモンバランスが乱れて高プロラクチン血症となる場合がある。

ストレスによって高くなる事もある。

ツボはストレスに効くツボが効果的です。ストレスが溜まってくると乳腺が張って来るので解ります。

薬は必要なくなります。

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。

コメントを残す