ゆるいトランクスで精子の質向上

妊活をしている男性は、締め付けのない下着のパンツをはいた方がよいとする研究結果が9日、発表された。
 英学術誌「ヒューマン・リプロダクション(Human Reproduction)」に掲載された論文によると、体に密着するブリーフを好む男性に比べて、トランクス型のパンツを愛好する男性の方が有意に精子数が多く、精子濃度も高かったという。
 さらに、精子がより活発で、生殖ホルモン濃度も子をもうけるのにより適した状態だった。
 米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)のリディア・ミンゲス・アラルコン(Lidia Minguez-Alarcon)氏率いる研究チームは、病院で不妊症治療を受けているパートナーを持つ年齢18から56歳で、標準体重の男性656人を対象とする調査を行った。
 過去の研究でも同様の結論に達していたが、今回の研究よりサンプル数が少なかった。また、卵胞刺激ホルモン(FSH)に関する裏付けデータが得られたのも今回が初めてとなった。
 精子の順調な生成には、体温より3から4度低い温度の環境が不可欠だ。男性の陰嚢が体外にぶら下がっている構造をしている理由は、これで説明がつく。陰嚢は実質的に、精子を生成する睾丸を体腔の外に置く冷却装置となっており、何らかの理由でここでの冷却が妨げられると、精子の生成および質に問題が生じる恐れがある。
 男性の更衣室で長年にわたりトランクス派対ブリーフ派の間で展開されてきた議論は医学的なものではなく、その見た目についての性質を帯びていたが、その一方で「体にぴったりしたパンツは睾丸の温度を上げるか」という疑問は以前より提起されていた。

 今回の研究には参加していない英エディンバラ大学(University of Edinburgh)MRCリプロダクティブ・センター(MRC Centre for Reproductive Health)のリチャード・シャープ(Richard Sharpe)名誉教授は、「締め付けがより強い下着には、男性の精子生成機能を軽度だが有意に低下させる恐れがある。研究は、これについての強力な根拠となる証拠を提供している」と述べた。
 その一方で専門家らは、今回の最新研究には不確実性の余地を残した空白部分が多くあることを指摘し、追跡調査の必要性を強調している。
 今回の研究では、調査参加者はそれぞれ精子と血液のサンプルを提供したが、衣類に関する習慣については自己申告にとどまった。また、実際の妊娠結果を評価していないため、調査で明らかになった精子の数と質の差によって、望まれていた結果に最終的な差異が実際に生じたかどうかは不明のままとなっている。

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。