アセテートと子癇前症の関係

シドニー大学は、ディーキン大学、モナッシュ大学、ジェームズクック大学、オーストラリア国立大学と共に、妊娠期に腸内細菌の代謝産物が果たす役割に関する調査を実施した。
今回、腸内の繊維発酵にて生成されるアセテート(酢酸エステルあるいはアセテート繊維)と子癇前症には関係性があると認められた。
アセテートは腸内にて繊維発酵により生成されるが、アセテート量が子癇前症を引き起こす要因になると認められた。アセテート量の減少により子癇前症が引き起こされるという。子癇前症は妊娠合併症に含まれ、高血圧、多汗、尿タンパクなどの症状が特徴的である。また、子宮内での胎児の成長を阻む。
また、研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、アセテートが、胎児の免疫システムの発達におけるアセテートの役割を検証した。アセテートのメカニズムは、胸腺とT細胞の発達において重要であることが判明した。
T細胞(胸腺由来細胞)は、アレルギーや自己免疫疾患の予防に関連がある。しかしながら、子癇前症の母親から誕生した子供は、生後4年間は少ないままである。
妊娠期では、腸内細菌が特別な代謝産物を生成することにより、健康な妊娠状態が維持され、アレルギーや自己免疫疾患の予防に効果的がある。例えば、西洋食は加工食品が多く含まれ、食物繊維は少ないため、アレルギーや自己免疫疾患が急激に増加する要因になるといえるらしい。

子癇前症(しかんぜんしょう)は妊娠中に高血圧やタンパク尿を特徴とする疾患である。

Preeclampsia risk may be reduced by a healthy high-fibre diet

ーーーーーーー
鍼を打つとこのようなことにはなりません。

投稿者: tao

不妊、不育、治療歴27年。最大妊娠数42人/年、最高年齢48歳。