ビタミンE取り過ぎ注意 骨密度下がる可能性

 ビタミンEを取りすぎると骨密度が下がり、骨粗鬆症が起きる可能性があることが動物実験でわかった。慶応大医学部の竹田秀・特任准教授や伊藤裕教授らの研究チームが4日付の米医学誌ネイチャー・メディシン電子版に報告した。

 抗酸化作用があるビタミンEは、アンチエイジング(老化防止)のサプリメントとして人気。チームは骨にも好影響があるのではないかと考え、マウスやラットで実験した。

 ところが、ビタミンEを通常の5倍程度の1キロ当たり約600ミリグラム添加した餌を8週間与えたら、骨密度が2割減って骨粗鬆症に近い状態になっていた。ビタミンEが骨を破壊する細胞を活性化し、骨密度が低くなると考えられる。

——–
患者さんにはいつも言っています、その通りになりましたよね!
蜂蜜やロイヤルゼリーに気をつけて。