妊活の参考になるかも!

Twitterの投稿を抜粋します。参考になれば幸いです。

 先進国の精子減少の原因の1つに環境ホルモンがありますが、代表的なのが洗剤です、その中に界面活性剤がありますが、、その洗剤をいまだに川に流している家がありますね。最悪です。

 私にはコウノトリが降りてくるのが見えますが、降りてきても宿らないと妊娠しません。非常にもったいないこと、おりてくるのはそうないのです。精神が出来ていれば宿ります。そのためには純粋な気持ちが大事になります。

 普通、血糖値というのは三回の治療で下がります。それでさがらないというのは不妊治療というものに不信感がある証拠です。同じことを繰り返しやっていても結果は一緒ですね。

 女性の場合、年齢関係なく心の持って行き方で出来たり出来なかったりする。考え方でホルモンが活性化しますね。

 旦那様に自覚を即するようでは程遠い。出来る人というのは最初からそうしてる。日本では夫婦一緒の治療ではないのでそうなる。

 不妊治療の経過は私は決められない。相談は受けますが決めているのはあくまでもあなた達夫婦です。強権発動した方が出来ますが、それは望まない妊娠かもしれません。

 今の時期、寒暖の差が激しい、自律神経が乱れやすい傾向があります。出来る人というのはそういう自己管理が出来ている人。膝から下の運動が肝ですよ。

 妊娠できる人は治療後のベッドを見ればわかる。

 麻酔も含めて痛み止めを使っていると出来にくくなりますよね。

 血糖値が下がった人から妊娠する。下がらないと何してもダメだということを知るべきです。睡眠の質が肝。

 うちで出来ない人はほとんど、というか100%近くが精子の老化で糖尿で出来ない。しかし、治ったら年齢関係なく出来ています。

 私は43歳以上の人には語るようにしていますが、それを実行出来るか出来ないかは年齢関係ないみたいですね、だから高齢でもできるんですね。(笑)

 橋本病の薬を飲んでいたら中々出来ない。鍼で治ります。飲んでいると、下腹部がすっからかんになります。

 二人目不妊の原因は90%以上の確率で旦那様の血糖値が原因です。85以上は要注意です。HbA1cは5.2以上。

 妊娠できる身体になっているのに信じきれないので妊娠しないのは勿体無いよ。
45歳で一回の治療でできた人は数人います。それは二人目だからです。一人目は苦労してできましたが、身体が出来たから出来たんです。なので身体が出来れば出来ますが、精神的気持ちがついてこないと出来ないようです。

 どんなに忙しいビジネスマンでも子供が欲しい人は予約してきます。自分で予約しないのは信用度が低いか欲しくないからです。

 妊活は精子の方にリスクが多いのに卵子にお金かけすぎている。この傾向はいつまで経っても良くならない。頭の良い人はさっさ妊娠としますよね。

 世の中は正しい事を言っている人を見抜ける人は僅かしかいない、あと何十年かして、あれは本当だったんだなとわかる。でもその時まで待っていたら産めなくなるよ。

 運動不足が目立ちますね!体力のなさが自信のなさに繋がっている。下肢の筋肉のなさが冷えに繋がっている。子供を欲しい人は努力を惜しまない。

 だめな肝臓は正常なるバンドが狭い。ミネラルを摂りすぎると溜め込んで機能低下を起こす。足りないと正常な精子や卵子にならない。バンドが狭いと難しい。。そのあたりは検査に出ないので病院ではわからない。体質にあった食事が肝なんです。

 目的は妊娠ではなく健康な赤ちゃんを産むことですよね。

 ダーク色したお腹を持っている人は信じているものを間違っているのです。

 私ってなんなんだろう?社会に対して何が出来るだろう?赤ちゃんだけ作って良いのだろうか?目先の事に囚われてはいないだろうか?本来の目的は、
健康で病気に負けない遺伝子を作ること。この社会に貢献できる基盤となる強靭な身体、精神を宿す遺伝子を作ること。

 その親はどうであれ、違うところから降りてきた魂は健全な身体に宿る。強い遺伝子が子孫繁栄となる。人類の将来にどう貢献出来るかが私の使命。僅かですが強い遺伝子は残すことが出来たがまだまだだ。1人の天才が100万人を養えるように。10人は作りたい。

 私は穢れに弱い、なので穢れている人を診ると疲れます。この流れが何とかならんものかな?穢れは「気枯れ」すなわち「生命力の枯渇」のことであるとされ、その状態では人は罪を犯してしまいやすい状態にあると考えられており、「心の平静を保てなくするような事象」はその「気枯れ」につながると考えられた。

 私の能力を利用しないと損ですよ、出来る人というのは、僻み、妬みはないひとたちです。何でも質問してください、但し、その答えは真理を突いているので、妬み僻みがある人は私の答えに対して正確に判断しにくい。普通に答えても普通に聞こえている人はできる人である。

パラベンにより男性不妊

Nofer労働医学研究所(ポーランド)は、先月、「Journal of Occupational and Environmental Medicine」にて、パラベンがテストステロン(男性ホルモンの一種)量を減少させ、精子機能を低下させると発表した。
パラベンにより精子運動率の低下、形成異常、質・機能の劣化が生じ、男性不妊の要因に成り得るという。パラベンは有機化合物であり、石鹸、クリーム、化粧品などに含まれる。また、食品、医薬品の防腐剤として使用されている。
研究チームは、ポーランドの医療機関にて不妊治療を受ける男性315人を対象に、パラベン5種類より合法的に生成したガス(1mL当たり15〜300mln)を吸引させ、パラベンが精子に与える影響を分析した。
尿中パラベン濃度が高い男性は、尿中パラベン濃度が低い男性と比べ、精子奇形率・異常形態率が高く、大部分の精子が形成異常であることが認められた。尿中パラベン濃度が極めて高い場合、形成異常精子に加えてDNA損傷精子の増加、精子運動率の低下は著しく、男性不妊が生じた。
動物モデル実験による先行研究では、パラベンがエストロゲン(女性ホルモンの一種)を模倣し、テストステロン量を減少させると報告された。

今回の研究において、パラベンが精子機能に影響を及ぼす摂取量は明らかになっていない。しかしながら、パラベンが精子機能を劣化させ、男性不妊の要因になることは確認された。ヨアンア・ユーレヴィッチ(Joanna Jurewicz)氏は、パラベン含有量の低い、あるいはパラベンフリー商品の使用を推奨している。

https://insights.ovid.com/crossref?an=00043764-900000000-98881

オクラと男性不妊

オクラは食物繊維、ビタミン、ミネラルを豊富に含み、栄養価が高い。抗ガン作用、美容、疲労回復、健康維持に効果的とされている。100グラムあたりに含まれる栄養素は、1日に必要な摂取栄養量のうち20%を占めるといわれる。
しかしながら、産業研究所(ナイジェリア・ラゴス)のOchuko Erikainure博士は、男性に対して、オクラが男性の生殖機能を低下させ、不妊を引き起こす要因になると注意を促す。
オクラはアフリカなど熱帯地方が原産であり、暑さや乾燥に強い。一方、ワタには有毒な色素「ゴシポール(炭素、酸素水素のみからなる有機化合物)」が含まれる。ゴシポールは油溶性の天然ポリフェノール(酸化防止剤)であり、精子におけるエネルギー代謝や精子生産に必要とされる酵素を阻止する作用がある。
Erikainure博士は、ゴシポールにより、男性の精子生産や精子形成は抑制され、精子数の減少、生殖機能の低下を引き起こし、男性不妊の要因に成り得ると説明する。オクラの殺精子作用を利用して、男性避妊具として用いる地域もあるという。

http://dailypost.ng/2017/07/30/how-okro-affects-sex-causes-infertility-expert/

精子の運動率の改善

精子の運動率の改善

ツボを使うと、精子は治療一回につき、約30%以上、上がりますが、人によっては3倍にもなる方がいます。
しかし、精子というものは貯めるとよくありません。定期的に出さないと悪くなるのです。
精子が2時間で出来るのに対して卵子は半年も掛かります。如何に女性が我慢が必要かを表しています。

ところで精子の治療で数か月すると、20倍から30倍以上良くなってきますが、
サプリでこんなこと可能でしょうか?

只、精子というものは、鬱と糖尿でも悪くなります。
ここを治せないと成果は上がりません。

黄砂で男性不妊

YOMIURI ONLINEの小堀善友先生の記事によると、

アンドロロジー学会にて、オスの生殖機能に黄砂が影響するとの報告がありました。大分県立看護科学大学の吉田成一先生の講演です。
吉田先生によると、黄砂をマウスに吸引させることにより、精巣が萎縮し、精子を作る機能が低下しました。黄砂についていた微生物をマウスの気管内に投与しても、精子の数や運動が低下しました。ホルモンにも影響を与えることも分かったというのです。
興味深かったのは、すでに妊娠している雌のマウスに黄砂を投与すると、その子どものオスの胎仔数(赤ちゃんの数)が減ったことでした。また、その子どもの精巣重量は小さく、造精機能が低くなることがわかったのです(生殖器の発達遅延)。
今や話題のPM2.5なのですが、生殖能力にまで影響を与える可能性があるとのこと。注意が必要ですね。

気象庁黄砂情報

日本アンドロロジー学会では、精子形成、性分化から男性更年期障害、勃起障害、前立腺がんまでさまざまな発表、シンポジウム、講演があり、丸2日間、朝から晩まで熱心な議論がされております。