不妊、不育症をツボの力で治します。

このサイトは主に不妊症や不育症について書かれています。少しでも不妊症、不育症に悩む方々にヒントになれば幸いです。
東北地方の早期の復興と皆様のご多幸、御健康をお祈りします。

今回の熊本大地震でお亡くなりになられた方々のお悔やみ申し上げます。
早期の復興を祈願し西国三十三所を巡礼させていただきたいと思います。

〇当院が使用している鍼灸針は完全滅菌処理した使い捨てタイプです。
パレットも使い捨てタイプを使用しています。

予約は電話で御願いしています。
◯初診は当分の間、不妊、不育症の方に限らせて頂きます。

TEL/FAX 086‐427‐9680
〒710‐0047 岡山県倉敷市大島503‐1‐101
営業時間AM 9〜12時 PM 3〜6時
休日 水、木、日曜日
院長 今井 義信
(社)日本鍼灸師会会員 (社)岡山県鍼灸師会会員
メールはこちら
携帯電話からのメールの場合アドレスを許可してください。

治療費は
初診5000円、次回からは4000円。になります。

休診日はこちら

42歳以上は週2回来院されないと妊娠は難しいです。
私は患者様の邪気を吸い込むためにタバコを吸いません。
感性を最大限磨くためお酒を飲みません。
タバコを吸わない事によって解らないことも解ってくる。
酒を飲まないことで記憶力が最大限アップする。

旦那様に愛されていますか?幸せを感じていますか?天からはそれを望んでいます。
そして魂を呼び込んでください。皆さん並んで待っていますよ。

初診の方は、来院するにあたってをよく読んでから来院されてください。

不妊問診票はこちら

お子ちゃまや妊婦の方が頻繁に出入りしますのでご留意お願いします。
日焼け止めや保湿ケア製品には気をつけて
鍼治療とストレス緩和について
男性不妊のツボについて
70%の方が自然妊娠できる
肝臓とは
人間を知る

ツイッター

カテゴリー: 未分類 | 不妊、不育症をツボの力で治します。 は

写真を撮らせていただきました。

二人目のご相談に見えられたので、パチリっ!

倉敷市T様

カテゴリー: ブログ | タグ: | 写真を撮らせていただきました。 は

出産報告

先生ご無沙汰しております。

切迫、切迫と言われていましたが、予定日超過の40週3日で、昨日無事念願の女の子を出産しました^ ^
上の子にソックリな3414グラムのビッグベイビーに驚きです(°▽°)

本格的に痛くなってから2時間ちょっとでの出産で出産自体は安産でしたが、産後の出血が多く大変でした。。
胎盤の位置が悪かったのかなかなか出てこず、1リットル以上出血したようです。。

また落ち着いたらお邪魔させて頂きます。
奥様にも宜しくお伝え下さい。

色々ありがとうございました。

ーーー
二人目、体外で授かりました。頸管が短くなるたび、鍼打って元に戻しました。

カテゴリー: ブログ | タグ: | 出産報告 は

姿勢が悪いと不妊になりやすい!?

最近、体型がよく似た患者さんが増えてきてわかったことですが、猫背になると、首の筋肉に負担がかかり自律神経を圧迫しやすくなり排卵障害や子宮の血行が悪くなったりするようです。抗体が悪くなることも不定できません。猫背になると下腹部が出てきやすくなります。そうポッコリお腹のことです。そこまで悪くなると難治性になってきます。そして子宮も歪んでくるのがわかっています。
尚、精子にも影響が出ます。運動率が低下し数も減ります。

治療は、頸部に打つのはもちろんのこと、背中にも打たないといけません。背中なら自分でも治療できます。背骨の際にお灸を全体にするのです。週に3回くらいはやった方がいいと思います。

カテゴリー: ブログ | 姿勢が悪いと不妊になりやすい!? は

10月より最終受付を18時に

10月から最終受付を18時にさせていただきます。

宜しくお願いします。

カテゴリー: ブログ | 10月より最終受付を18時に は

2015年体外受精の出産率は11.7%

 日本で2015年に行われた体外受精は42万4151件で、赤ちゃんの約20人に1人に当たる5万1001人が生まれたとの調査結果を日本産科婦人科学会がまとめた。治療件数も出生数も過去最多を更新した。
 晩婚化などを背景に、不妊に悩む女性が増えているとみられ、体外受精は右肩上がりの傾向が続いており、今後も増え続ける可能性が高い。埼玉医大の石原理(いしはらおさむ)教授(産婦人科)は「より早い時期に不妊治療を受けられるよう、子育て支援や経済的援助などを充実していく必要がある」と話している。
 体外受精で生まれた赤ちゃんは、1983年に東北大で初めて誕生してから15年までに合計約48万2600人となった。調査によると、15年に体外受精をして出産に成功した女性の割合は11・7%だった。
 調査対象は学会に登録の全国約600の医療機関。出産に成功したのは30歳で21・5%、35歳で18・4%、40歳で9・1%、42歳では4・5%。年齢とともに出産が難しくなる傾向が見られた。治療を受けた女性の4割が40歳以上だった。
 治療で妊娠したが流産してしまう割合も30歳で16・5%、35歳で20・1%だったが、40歳で34・6%、42歳で45・9%と同じ傾向だった。
 体外受精は取り出した精子と卵子を体外で受精させて子宮に戻す不妊治療。40歳に近づくと出産に成功する比率が低くなるため、不妊治療の公費助成は治療開始時に女性が42歳までとなっている。

2015年体外受精

ーーー
非科学な体外受精は、2/3は無駄である。

カテゴリー: ブログ | タグ: , | 2015年体外受精の出産率は11.7% は