不妊、不育症をツボの力で治します。

このサイトは主に不妊症や不育症について書かれています。少しでも不妊症、不育症に悩む方々にヒントになれば幸いです。
東北地方の早期の復興と皆様のご多幸、御健康をお祈りします。

今回の熊本大地震でお亡くなりになられた方々のお悔やみ申し上げます。
早期の復興を祈願し西国三十三所を巡礼させていただきたいと思います。

〇当院が使用している鍼灸針は完全滅菌処理した使い捨てタイプです。
パレットも使い捨てタイプを使用しています。

予約は電話で御願いしています。
◯初診は当分の間、不妊、不育症の方に限らせて頂きます。

TEL/FAX 086‐427‐9680
〒710‐0047 岡山県倉敷市大島503‐1‐101
営業時間AM 9〜12時 PM 3〜7時
休日 水、木、日曜日
院長 今井 義信
(社)日本鍼灸師会会員 (社)岡山県鍼灸師会会員
メールはこちら
携帯電話からのメールの場合アドレスを許可してください。

治療費は
初診5000円、次回からは4000円。になります。

休診日はこちら

私は患者様の邪気を吸い込むためにタバコを吸いません。
感性を最大限磨くためお酒を飲みません。
タバコを吸わない事によって解らないことも解ってくる。
酒を飲まないことで記憶力が最大限アップする。

旦那様に愛されていますか?幸せを感じていますか?天からはそれを望んでいます。
そして魂を呼び込んでください。皆さん並んで待っていますよ。

初診の方は、来院するにあたってをよく読んでから来院されてください。

不妊問診票はこちら

お子ちゃまや妊婦の方が頻繁に出入りしますのでご留意お願いします。
日焼け止めや保湿ケア製品には気をつけて
鍼治療とストレス緩和について
男性不妊のツボについて
70%の方が自然妊娠できる
肝臓とは
人間を知る

プライベートなブログはこちらに書いてます。

カテゴリー: 未分類 | 不妊、不育症をツボの力で治します。 は

Ovarian response to controlled ovarian hyperstimulation: what does serum FSH say?

ユトレヒト大学医療センターの研究チームは、「Human Reproduction」にて、リコンビナントFSH製剤150IU/日、hCG(ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン)注射による排卵誘発効果に関する論文を発表した。
これまで、卵胞反応は、hCG注射の投与量と血中の卵胞刺激ホルモン(FSH)量において一貫性はないとされてきた。
研究チームは、2009年3月から2011年7月にかけて、39歳以下のhCG注射150IU/日を投与する女性124人を対象に臨床試験を実施した。hCG注射接種日、月経開始2日目における血中の卵胞刺激ホルモン量を測定した。
hCG注射2IU/Lの場合、卵巣刺激に対して、反応不良16人、通常反応32人、反応過剰16人であり、効果量・検出力は80%となった。
55.0〜85.6キロ(中央値70キロ)、52.0〜94キロ(中央値68.0キロ)、51.0〜78.0キロ(中央値60.6キロ)にて体重別による卵巣刺激効果を分析したところ、血中の卵胞刺激ホルモン量は、反応不良と反応過剰では有意差が生じた。
血中の血清卵胞刺激ホルモン量において、反応不良16人は平均値9.5IU/L(標準偏差2.4)、通常反応94人は平均値10.4IU/L(標準偏差2.2)、反応過剰17人は平均値11.5IU/L(標準偏差2.2)であった。
hCG注射接種日の卵胞刺激ホルモン量により決まると考えられている。
一方、臨床試験では、血中の卵胞刺激ホルモン量が、卵巣反応に対して必ずしも影響を与えていないことが判明した。
研究チームは、年齢、体重、血中の卵胞刺激ホルモン量と抗ミュラー管ホルモン(AMH)量より、hCG注射接種日における血中の卵胞刺激ホルモン量と卵巣反応・採卵数には相関関係がないと述べている。

Human Reproduction

カテゴリー: ブログ | タグ: , , , | Ovarian response to controlled ovarian hyperstimulation: what does serum FSH say? は

ミトコンドリア注入、女性4人から5人誕生

体外受精の際に、女性の卵巣から採取した細胞内の小器官「ミトコンドリア」を使って卵子を活性化させる新たな不妊治療の手法で、妊娠した4人から国内で初めて5人の子供が生まれたと、大阪市北区のクリニックが21日、発表した。
 この治療法は米国で開発され、加齢で老化した卵子の質の改善を図る「卵子の若返り」などとしても注目されている。世界では200例を超す実施例があり、30人以上が生まれている。
 日本でも、平成27年12月に日本産科婦人科学会が臨床研究として実施を認めていたが、有効性や安全性に懸念を示す専門家もいる。
 実施したのは、「HORACグランフロント大阪クリニック」。森本義晴院長によると、28年1月からこれまでに21人の女性がこの治療を受けたという。
 事前に腹腔鏡手術で摘出した卵巣組織の一部からミトコンドリアを採取し、父親の精子と一緒に卵子に注入。6人(27〜44歳)が妊娠に至り、今年の2月から6月にかけて4人(27〜36歳)が出産した。
 内訳は男児2人、女児3人の計5人で、男女の双子も含まれる。一般的な体外受精は1回あたり60万〜70万円だが、この治療は170万円ほど。クリニックでは今後も治療や生まれた子供の追跡調査を続け、安全性の確認を行う。
 森本院長は「子供の健康状態はいずれも問題ない」とした上で、「卵子の質を上げることができる治療は画期的だ。従来の不妊治療では妊娠が難しい人でも妊娠の可能性が高まった」と話している。

カテゴリー: ブログ | タグ: | ミトコンドリア注入、女性4人から5人誕生 は

写真を撮らせていただきました。

総社市T様、二人目、安産で産まれたそうです。

総社市T様

カテゴリー: ブログ | タグ: , | 写真を撮らせていただきました。 は

エストラジオールの血中濃度が2500pg/mlを越える場合、胎児は低体重になる確率が高まる

ウェイルコーネル医科大学の研究チームは、「Human Reproduction」にて、新鮮胚移植において、超生理学的濃度のエストラジオールが低体重児の独立予測因子に成り得ると発表した。
エストラジオールの血中濃度が2500pg/mlを越える場合、胎児は低体重になる確率が高まるという。

エストラジオールとは
女性ホルモンには2種類あり、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)に区分される。
エストラジオールは、エストロゲンの主要構成要素である。最も強い生理活性をもち、分泌が盛んなホルモンといわれる。

エストラジオールと低体重児の因果関係
現状、体外受精における低体重児の要因は解明されていない。
先行研究では、排卵誘発剤による卵巣刺激にてエストラジオールが過剰に分泌した場合、胎児が低体重になる可能性が高まると提言している。
エストラジオール過剰により盤機能不全が引き起こされ、低体重児のリスクが増えるという。

臨床試験と展望
臨床試験は、2005年から2014年に掛けて、新鮮胚移植による体外受精を受けた女性を対象に実施された。女性6419人が妊娠・出産に至った。(単胎妊娠4071人、多胎妊娠2348人)
臨床試験より、在胎期間と低体重児の発生割合は、体外受精の卵巣刺激にて分泌されたエストラジオール量に影響を受けると判明した。
エストラジオール量が2001〜2500pg/mlにおける低体重児の発生割合は6.4%、3501〜4000pg/mlでは20.7%であった。また、エストラジオール量が2500pg/mlを上回る場合、低体重児の発生割合は6.1倍から7.9倍に増えたという。

研究チームは、エストラジオール量と低体重児には因果関係が成立すると報告し、体外受精の卵巣刺激にてエストラジオール量を抑制する重要性を強調している。

human reproduction

カテゴリー: ブログ | タグ: , , | エストラジオールの血中濃度が2500pg/mlを越える場合、胎児は低体重になる確率が高まる は

台湾で不妊治療、卵子提供受け110人誕生

読売新聞によると、

 不妊治療のため、台湾で卵子提供を受ける日本人女性が急増しており、2014〜16年の3年間に少なくとも177人に上ることが読売新聞の調べでわかった。
 出産した女性は96人、生まれた子どもは110人いることも判明した。台湾では卵子提供の実施を法的に管理しているものの、生まれた子どもに「出自を知る権利」を認めていないなどの問題もある。
 台湾当局が認定した生殖医療機関77施設(1月3日現在)に、現地での対面や電話、電子メールなどでアンケート調査を行い、72施設から回答を得られた(回収率94%)。台湾当局も実態を把握しておらず、まとまった出産者数などが明らかになるのは初めて。
 過去3年間に日本人への卵子提供を実施したと答えたのは4施設。9施設は実施したことがあると回答したが、時期や人数などは答えなかった。59施設は実施していないと答えており、特定の医療機関に集中している実態が分かった。
 年別では、卵子提供を受けた日本人女性は14年は17人、15年は72人、16年は88人と急増している。3年間に生まれた子どもの合計は110人だった。日本語が話せる職員を雇い、東京や大阪で説明会を開く医療機関もあり、認知度が高まったことなどが背景にあるとみられる。
 台湾では07年に生殖医療に関する法律が制定され、加齢による不妊も対象に匿名第三者から卵子提供を受けられる。提供者は各医療機関が集め、実施記録は当局に報告する。
 日本だけでなく、中国本土や米国、フィリピンなどからも不妊患者が訪れている。ただ、生まれた子どもに「出自を知る権利」を認めておらず、自分の「遺伝上の母親」を知ることはできない。
 日本では生殖医療に関する法律が未整備で、卵子提供はほとんど行われていない。世界の生殖医療の状況に詳しい埼玉医大産婦人科の石原理(おさむ)教授によると、近年、イタリアやスイスでも第三者の卵子提供を認める法改正が行われ、主要国で第三者の卵子や精子提供に関する生殖医療の法整備が進んでいないのは日本だけという。

カテゴリー: ブログ | タグ: , | 台湾で不妊治療、卵子提供受け110人誕生 は