注目

不妊、不育症をツボの力で治します。

このサイトは主に不妊症や不育症について書かれています。少しでも不妊症、不育症に悩む方々にヒントになれば幸いです。

東北地方の早期の復興と皆様のご多幸、御健康をお祈りします。
熊本大地震でお亡くなりになられた方々のお悔やみ申し上げます。早期の復興を祈願し西国三十三所を巡礼させていただきたいと思います。
西日本集中豪雨により被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。 被災された皆様の安全と一日も早い復興をお祈り申し上げます。

〇当院が使用している鍼灸針は完全滅菌処理した使い捨てタイプです。
パレットも使い捨てタイプを使用しています。

予約は電話で御願いしています。
◯初診は当分の間、不妊、不育症の方に限らせて頂きます。
 お子様は午前の予約のみ受け付けます。

TEL 086-427-9680

〒710‐0047 岡山県倉敷市大島503‐1‐101
営業時間 午前 9〜12時 午後 3〜5時30分
休日 水、木、日曜日
院長 今井 義信
(社)日本鍼灸師会会員 (社)岡山県鍼灸師会会員
メールはこちら
携帯電話からのメールの場合アドレスを許可してください。

治療費は
初診5000円、次回からは4000円。になります。

休診日はこちら

初診の方は、来院するにあたってをよく読んでから来院されてください。

不妊問診票はこちら

お子ちゃまや妊婦の方が頻繁に出入りしますのでご留意お願いします。
日焼け止めや保湿ケア製品には気をつけて
鍼治療とストレス緩和について
男性不妊のツボについて
70%の方が自然妊娠できる
肝臓とは
人間を知る
44歳以上の妊活について

Facebook Twitter

陰嚢冷却下着!?

陰嚢冷却下着なるものがあることを知りました。(笑)
ホンマか!
ミツボシプロダクトプラニングのHPによると、
精巣の温度上昇リスクを軽減する目的の機能性下着です。精巣を強制的に冷却する機能はありません。とのこと。
陰嚢冷却下着

製品の特徴は、
違和感なく毎日ご使用いただける陰嚢冷却下着。
シンプルで清潔感のある外観デザイン。
インナーにQ-Max値の高い接触冷感素材を使用している。
2重構造で陰嚢を快適な位置に配置し、適切な温度を保持する。
通気性が良く、極端な温度上昇を防ぐ構造。
外側生地 通気性が良いニット生地(ポリエステル×ポリウレタン)。
陰嚢接触生地 接触冷感素材を使用。

ということです。ワンサイズ大き目がいいみたい。
“陰嚢冷却下着!?” の続きを読む

ゆるいトランクスで精子の質向上

妊活をしている男性は、締め付けのない下着のパンツをはいた方がよいとする研究結果が9日、発表された。
 英学術誌「ヒューマン・リプロダクション(Human Reproduction)」に掲載された論文によると、体に密着するブリーフを好む男性に比べて、トランクス型のパンツを愛好する男性の方が有意に精子数が多く、精子濃度も高かったという。
 さらに、精子がより活発で、生殖ホルモン濃度も子をもうけるのにより適した状態だった。
 米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)のリディア・ミンゲス・アラルコン(Lidia Minguez-Alarcon)氏率いる研究チームは、病院で不妊症治療を受けているパートナーを持つ年齢18から56歳で、標準体重の男性656人を対象とする調査を行った。
 過去の研究でも同様の結論に達していたが、今回の研究よりサンプル数が少なかった。また、卵胞刺激ホルモン(FSH)に関する裏付けデータが得られたのも今回が初めてとなった。
 精子の順調な生成には、体温より3から4度低い温度の環境が不可欠だ。男性の陰嚢が体外にぶら下がっている構造をしている理由は、これで説明がつく。陰嚢は実質的に、精子を生成する睾丸を体腔の外に置く冷却装置となっており、何らかの理由でここでの冷却が妨げられると、精子の生成および質に問題が生じる恐れがある。
 男性の更衣室で長年にわたりトランクス派対ブリーフ派の間で展開されてきた議論は医学的なものではなく、その見た目についての性質を帯びていたが、その一方で「体にぴったりしたパンツは睾丸の温度を上げるか」という疑問は以前より提起されていた。

 今回の研究には参加していない英エディンバラ大学(University of Edinburgh)MRCリプロダクティブ・センター(MRC Centre for Reproductive Health)のリチャード・シャープ(Richard Sharpe)名誉教授は、「締め付けがより強い下着には、男性の精子生成機能を軽度だが有意に低下させる恐れがある。研究は、これについての強力な根拠となる証拠を提供している」と述べた。
 その一方で専門家らは、今回の最新研究には不確実性の余地を残した空白部分が多くあることを指摘し、追跡調査の必要性を強調している。
 今回の研究では、調査参加者はそれぞれ精子と血液のサンプルを提供したが、衣類に関する習慣については自己申告にとどまった。また、実際の妊娠結果を評価していないため、調査で明らかになった精子の数と質の差によって、望まれていた結果に最終的な差異が実際に生じたかどうかは不明のままとなっている。

アセテートと子癇前症の関係

シドニー大学は、ディーキン大学、モナッシュ大学、ジェームズクック大学、オーストラリア国立大学と共に、妊娠期に腸内細菌の代謝産物が果たす役割に関する調査を実施した。
今回、腸内の繊維発酵にて生成されるアセテート(酢酸エステルあるいはアセテート繊維)と子癇前症には関係性があると認められた。
アセテートは腸内にて繊維発酵により生成されるが、アセテート量が子癇前症を引き起こす要因になると認められた。アセテート量の減少により子癇前症が引き起こされるという。子癇前症は妊娠合併症に含まれ、高血圧、多汗、尿タンパクなどの症状が特徴的である。また、子宮内での胎児の成長を阻む。
また、研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、アセテートが、胎児の免疫システムの発達におけるアセテートの役割を検証した。アセテートのメカニズムは、胸腺とT細胞の発達において重要であることが判明した。
T細胞(胸腺由来細胞)は、アレルギーや自己免疫疾患の予防に関連がある。しかしながら、子癇前症の母親から誕生した子供は、生後4年間は少ないままである。
妊娠期では、腸内細菌が特別な代謝産物を生成することにより、健康な妊娠状態が維持され、アレルギーや自己免疫疾患の予防に効果的がある。例えば、西洋食は加工食品が多く含まれ、食物繊維は少ないため、アレルギーや自己免疫疾患が急激に増加する要因になるといえるらしい。

子癇前症(しかんぜんしょう)は妊娠中に高血圧やタンパク尿を特徴とする疾患である。

Preeclampsia risk may be reduced by a healthy high-fibre diet

ーーーーーーー
鍼を打つとこのようなことにはなりません。

精索静脈瘤は糖尿病から来るのか、それとも精索静脈瘤だから糖尿病になるのか?

少ないですが、うちの患者様、精索静脈瘤の方々は血糖値が高い傾向にある。95から100mg/dLくらい。
果たしてこれは、血糖値が先か、精索静脈瘤が先なのか?謎である。
精索静脈瘤には程度があり、瘤の大きさが血糖値に比例してるのか?
どうもそのような気がしてならない。サンプルが少ないのでわかりませんが。

私の精索静脈瘤かどうか判断するのは、左股関節あたりに手をかざして判断します。静脈の流量をみます。左7右3ならば精索静脈瘤です。6:4くらいならば疑精索静脈瘤。
精索静脈瘤のかたは胃が悪い人が多く、いつも自律神経が悪い傾向にある。
治療は、ただ自律神経を治すのではなく、症状がどこから来ているのかを特定していかないといけない。薬みたいな効かし方では治らない。それが食から来ているならば食事指導も出来ないといけない。ストレスから来ているならば、ストレス緩和治療ができないといけない。手術をしても血糖値は下がらないかもしれない、30%くらいしか改善しないためだ。ならば手術プラス、ツボ治療ならば治るかもしれない。うまくいけば精索静脈瘤は完治するかもしれません。そうなれば男性不妊の大部分を占めている精索静脈瘤が治り不妊自体の30%くらいは解消すると思います。
うまくいけば画期的な治療方法になると思います。

アーモンドなどのナッツ類を60g/日食べると男性不妊に効く。

Consuming 60 grams of nuts a day improves sexual function

ロビラ・イ・ビルジリ大学(スペイン)の研究チームは、「Nutrients」にて、ナッツ類に男性の性機能の質を高める効果があると発表した。男性がナッツ類を1日あたり60g摂取することにより、オルガスム(性的興奮の頂点)や精液など性機能の質が改善されるという。

同大学は、先行研究にて、ナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)により精子の質が改善すると報告している。今回、研究チームは、健康な男性を対象に、ナッツ類を食べる習慣と男性の性機能に対する効果を検証した。

日常的にナッツ類を食べる習慣があり、1日あたり60g摂取する男性は、精液の質が改善された。西洋料理(果物や野菜が少なく、動物性脂肪が多い)に加えてナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)を14週間、1日あたり60gを摂取した男性は、西洋料理のみの摂取と比べ、性的欲求とオルガスムの改善が認められた。

出産報告

ご無沙汰しています、○○○○○です。

7/1にもう産まれるよーと最後の施術をしていただき、予定日だった7/5(金)午前2:30に2760gの元気な女の子を出産しました(^^)
安産だよ!と仰ってくださってましたが、病院に着いた時にはまだ2cmしか子宮口が開いてなかったのに、一気に陣痛が強まって全開になり、1時間半後には出産するという私もびっくりな超安産でした。
これも先生の施術のおかげです、ありがとうございました。夜泣きで大変なこともありますが、楽しみながら子育てをスタートさせています。

また落ち着いたら、子どもを連れてご挨拶と産後の身体メンテナンスに伺いたいと思っているのでよろしくお願いします。

○○○○○

目標は100人妊娠。

まだ実現できていませんが、可能だと思うんです。年100人妊娠。
今までで最高は42人。
100人妊娠するとしたら今の妊娠率では134人くらい新患が来院されないと無理である。
新患多すぎ(笑)

で、今来院されてるのが26組。そのうち男性不妊なのが、17組。なので男性を治せれば確率は非常にアップすると思うのです。ただ、男性は、非協力的な人が多く、検査も行っていないのだ。自然妊娠できるレベルのことも知らない。こういうとこから是正していかないといけない。
体外の妊娠率は90%。
コネで来院されても全年齢で妊娠率90%以上ある。
男性不妊は10年前から増えてきた。そうリーマンショック後からですね。企業のリストラや合理化で座る仕事が増えたためと思われる。精索静脈瘤が増えてきた。これのツボもわかっている。奥様が不妊でない場合は速攻で妊娠する。でも高齢な方が多く、チャンスはそんなに多くない、でもそれを掴めば必ず妊娠する。
大体において奥様は90%以上が三ヶ月くらいで身体は出来る。後は男性側で血糖値(85以上)と精索静脈瘤がメインである。
これさえなんとかすれば妊娠100人も夢ではなさそうだ!!(笑)