ビスフェノールAの影響により胎児の肺機能低下の危険性

バルセロナ・グローバルヘルス研究チームは、母子2685組を対象に、妊娠期の母親のビスフェノールA曝露量と子供の肺機能への影響を検証した。妊娠期の母親に対して尿検査を行い、母親のビスフェノールA曝露量を測定した。子供の肺機能は6歳と10歳での検査、質問票より評価した。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

風疹ワクチン、無料受診券配布も利用1割

風疹は、18年に2917人、19年に2195人の患者が報告され、妊婦が風疹ウイルスに感染したことで胎児も感染し障害が起きる「先天性風疹症候群」も3例確認された。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

ニコチンが精液の受容体に作用し、精子自体に損傷を及ぼす。

加熱式タバコにもニコチンがたっぷり入っている。
タバコを吸うと男性の不妊症の原因になる。これは多くの研究から明らかだが、その理由はよくわかっていなかった。
そもそも精子や卵子は活性酸素や酸化ストレスに弱いが、喫煙によって活性酸素(Reactive Oxygen Species、ROS)が作られ、酸化ストレスが生じる。また、タバコの煙は抗酸化作用のある物質を減少させる。例えば、ビタミンCには抗酸化作用があるが、ビタミンCはタバコ煙による肺気腫を防ぎ、肺の機能を回復するようだ。
また、タバコ煙に含まれる物質が、ミトコンドリアのDNAを損傷し、それで活性酸素が作られるのではないかという研究もある。では、タバコに含まれるどんな物質が活性酸素を作って酸化ストレスを生じさせ、精子のDNAを傷つけるのだろうか。
タバコの煙には約3000から4000種類の化学物質が含まれ、そのうちの200種類以上が人にとって有害な物質とされている。この中には活性酸素の生成に直接関与する物質もあれば、多種多様な組み合わせによって酸化ストレスの起因につながる作用を及ぼすことも考えられる。
こうした物質の中で最近、注目を集めている物質がある。ニコチンだ。最近の研究では、ニコチンが精液の受容体に作用し、精子自体に損傷を及ぼすのではないかということがわかってきた。
加熱式タバコを含むタバコを吸うと、気管から肺へ入ったタバコ煙が血液に混ざって数秒で体中に運ばれる。ニコチンは数時間で代謝されてコチニンなどに変わるが、その間に脳を含む体内にニコチンが作用し続けることになる。
タバコを吸うと、ゲノムの塩基配列の中のCpGアイランド(シトシン=Cの次にグアニン=Gの2塩基が現れる配列)という部分に炭素原子がくっつく後天的なDNAのメチル化が起き、がんになりやすくなることが知られている。DNAのメチル化を起こす物質の一つが、タバコに含まれるニコチンだ。
また、ニコチンは他にも後天的なDNAの変化を引き起こす。ニコチンによる悪影響は、特に妊産婦が喫煙したり受動喫煙にさらされるなどした場合の新生児で多く研究がなされている。逆にいえば、タバコを止めると後天的なDNAの変化が減少し、がんになりにくくなる。
タバコに含まれるニコチンが後天的にDNAを変化させることは、男性の精子でも起きている。加熱式タバコにもニコチンは含まれている。不妊症のリスクを避けるためにも、タバコを吸うのを止めたほうがいい。

体外受精などの生殖補助医療で妊娠糖尿病リスクは50%アップ。

テッサロニキ・ アリストテレス大学の研究チームは、「欧州糖尿病学会議(EASD)」(9月16?20日、スペイン・バルセロナで開催)にて、システマティック・レビューおよびメタ分析より、体外受精は、自然妊娠と比べ、妊娠糖尿病リスクが高くなると発表した。
体外受精の妊娠糖尿病リスクは53%増になったと報告されている。
研究チームは、38文献を用いてシステマティック・レビューおよびメタ分析を行い、妊娠糖尿病、顕微授精、自然受精における妊娠糖尿病リスクを比較した。
2019年6月までに妊娠糖尿病、顕微授精、自然受精により妊娠に至った女性を対象にデータ分析を行ったところ、生殖補助医療により妊娠した女性は、自然妊娠と比べて妊娠糖尿病リスクが53%増加した。合わせて、年齢、身長・体重、喫煙歴、種族・民族を考慮した場合、生殖補助医療による妊娠における妊娠糖尿病リスクは42%高くなった。
研究チームは、メカニズムは未解明であるが、体外受精による妊娠は、自然妊娠と比較し、妊娠糖尿病リスクを増加させると結論付けた。今後、更なる研究の必要性を示したうえで、医療介入あるいは不妊状態が要因であると推測する。

Large meta-analysis links IVF to higher gestational diabetes risk

IVF may increase gestational diabetes risk

——
確かに体外は妊娠糖尿病が多い気がする。
原因は、推測ですが、薬や妊活ストレスによって肝臓などに負担が大きかったためと思われる。

45歳で妊娠するには、

45歳とか書いてますが、全年齢に適応します。30歳でも年齢を重ねている人もいるからです。

まず、夫婦共、血糖値を85以下に保つ!遺伝子が壊れていては元も子もない。睡眠の質が肝。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

精索静脈瘤ばかり、、

精索静脈瘤、男性不妊のほとんどがそうだ!
うちには8人もいる模様、全員血糖値が高い!しかし、手術された2人は下がりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

電子タバコの使用は生殖機能や子供の健康に悪影響を及ぼす。

今、話題の電子タバコですが、

ノースカロライナ大学チャペルヒル校の研究チームは、「Journal of the Endocrine Society」にて、電子タバコが生殖機能を損なわせ、妊娠結果に悪影響を及ぼすと発表した。マウスによる実験より、妊娠前の電子タバコ使用は、受精卵の子宮への着床を顕著に遅らせることが認められた。生産の時期を遅らせ、生殖機能は減退した。
若い世代では、妊娠期にタバコの代わりに電子タバコを吸う女性が少なくない。
電子タバコをタバコの安全な代替品と考えるが、電子タバコが生殖機能や妊娠結果に与える影響は知られていない。
研究チームは、マウスを用いた動物モデル実験を行い、電子タバコが生殖機能や子供の健康に与える影響を検証した。
雌マウスを電子タバコにさらしたところ、受精卵の子宮への着床率は下がり、最初の妊娠・出産時期が顕著に遅れた。妊娠前の電子タバコ使用が生殖機能を減退させ、着床率の低下、初産の年齢上昇をまねくことが認められた。
妊娠期のマウスが電子タバコを使用した場合、メスの子マウスでは、長期に及ぶ健康影響を受け、代謝作用は、生涯に亘って変化した。また、胎内にて電子タバコに晒された子マウスは、標準体重より重くなった。
研究チームは、妊活中、妊娠前・中の電子タバコ使用は生殖機能や子供の健康に悪影響を及ぼし、タバコの安全な代替品ではないと強調する。

Vaping may impair fertility and pregnancy outcomes