東洋医学の思想について

東洋医学の思想 について

針灸,湯液(薬方)はともに中国から、わが国に移入された医学であり西洋医学
と異なった思想,疾病観,治療法を有している.
東洋医学思想の起源は,黄帝内経(素間,霊枢)に発するといわれ,その述ぺるところは天地
人合一説,陰陽説,五行説,経絡説,気血説などを根幹としている.東洋医学において,これら
特有の考え方を十分に理解しなげればならない.

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について