精索静脈瘤は糖尿病から来るのか、それとも精索静脈瘤だから糖尿病になるのか?

少ないですが、うちの患者様、精索静脈瘤の方々は血糖値が高い傾向にある。95から100mg/dLくらい。
果たしてこれは、血糖値が先か、精索静脈瘤が先なのか?謎である。
精索静脈瘤には程度があり、瘤の大きさが血糖値に比例してるのか?
どうもそのような気がしてならない。サンプルが少ないのでわかりませんが。

私の精索静脈瘤かどうか判断するのは、左股関節あたりに手をかざして判断します。静脈の流量をみます。左7右3ならば精索静脈瘤です。6:4くらいならば疑精索静脈瘤。
精索静脈瘤のかたは胃が悪い人が多く、いつも自律神経が悪い傾向にある。
治療は、ただ自律神経を治すのではなく、症状がどこから来ているのかを特定していかないといけない。薬みたいな効かし方では治らない。それが食から来ているならば食事指導も出来ないといけない。ストレスから来ているならば、ストレス緩和治療ができないといけない。手術をしても血糖値は下がらないかもしれない、30%くらいしか改善しないためだ。ならば手術プラス、ツボ治療ならば治るかもしれない。うまくいけば精索静脈瘤は完治するかもしれません。そうなれば男性不妊の大部分を占めている精索静脈瘤が治り不妊自体の30%くらいは解消すると思います。
うまくいけば画期的な治療方法になると思います。

精索静脈瘤についてわかっていること。

瘤ができる原因は、

椅子に座ってる時間が長い。事務職や運転手。
便秘、便秘しやすい人、糖尿気味の人が多いと思う。
職業的に変えられない人が多いと思うが、便秘の改善(食事や運動指導)で随分と変わると思う。
糖尿=精索静脈瘤?なりやすい!?

治療はと言うと、手術、一泊2日、これで30%から50%くらいは改善するが糖尿は?
ツボ的改善は右足の血流をあげる。血流を右7左3位にする。
食事指導、運動指導

もっと専門的には、胃が悪いと、右足の血流が落ちる。食事が悪いと脾臓の調子が落ちて詰まりやすくなる。
などなど、もっとあるが、

ツボの研究を進めているが、患者数が少ないのでなんとも中々進まないのが現状である。
男性不妊は精索静脈瘤もあるが、ヘモグロビンが低い人が多い。

やせ形の糖尿病、新たな原因遺伝子発見

 日本人に多い「やせ形の糖尿病」を発症させる危険度(リスク)を2.5倍余に引き上げる新たな遺伝子の型を東大と東京女子医大などの研究チームが見つけた。インスリン分泌を妨げる役割を持っており、分泌を制御する治療薬の開発につながる可能性もある。

 米国人類遺伝学会誌(電子版)に8日、発表する。見つけたのは、血糖値を下げるホルモンのインスリンの制御にかかわる「KCNJ15」遺伝子。生活習慣と遺伝的な要因が関係する「2型糖尿病」を対象に、患者1568人と健康な人1700人の遺伝子を調べた。日本では、欧米に比べインスリン不足で太っていなくても高血糖になる「やせ形の糖尿病」と言われる。

 病気になりやすい遺伝子の型だと発症リスクは約1.7倍、体格指数BMI(体重〈キロ〉を身長〈メートル〉の2乗で割った値)が24以下の太っていない患者だと約2.5倍という。欧米人と比べ、この変異は日本人に多いこともわかった。

 これまで膵臓(すいぞう)でインスリンの分泌を促す「車のアクセル」のような遺伝子は見つかっていたが、今回見つかった遺伝子は逆に「車のブレーキ」のような役割という。