ニコチンが精液の受容体に作用し、精子自体に損傷を及ぼす。

加熱式タバコにもニコチンがたっぷり入っている。
タバコを吸うと男性の不妊症の原因になる。これは多くの研究から明らかだが、その理由はよくわかっていなかった。
そもそも精子や卵子は活性酸素や酸化ストレスに弱いが、喫煙によって活性酸素(Reactive Oxygen Species、ROS)が作られ、酸化ストレスが生じる。また、タバコの煙は抗酸化作用のある物質を減少させる。例えば、ビタミンCには抗酸化作用があるが、ビタミンCはタバコ煙による肺気腫を防ぎ、肺の機能を回復するようだ。
また、タバコ煙に含まれる物質が、ミトコンドリアのDNAを損傷し、それで活性酸素が作られるのではないかという研究もある。では、タバコに含まれるどんな物質が活性酸素を作って酸化ストレスを生じさせ、精子のDNAを傷つけるのだろうか。
タバコの煙には約3000から4000種類の化学物質が含まれ、そのうちの200種類以上が人にとって有害な物質とされている。この中には活性酸素の生成に直接関与する物質もあれば、多種多様な組み合わせによって酸化ストレスの起因につながる作用を及ぼすことも考えられる。
こうした物質の中で最近、注目を集めている物質がある。ニコチンだ。最近の研究では、ニコチンが精液の受容体に作用し、精子自体に損傷を及ぼすのではないかということがわかってきた。
加熱式タバコを含むタバコを吸うと、気管から肺へ入ったタバコ煙が血液に混ざって数秒で体中に運ばれる。ニコチンは数時間で代謝されてコチニンなどに変わるが、その間に脳を含む体内にニコチンが作用し続けることになる。
タバコを吸うと、ゲノムの塩基配列の中のCpGアイランド(シトシン=Cの次にグアニン=Gの2塩基が現れる配列)という部分に炭素原子がくっつく後天的なDNAのメチル化が起き、がんになりやすくなることが知られている。DNAのメチル化を起こす物質の一つが、タバコに含まれるニコチンだ。
また、ニコチンは他にも後天的なDNAの変化を引き起こす。ニコチンによる悪影響は、特に妊産婦が喫煙したり受動喫煙にさらされるなどした場合の新生児で多く研究がなされている。逆にいえば、タバコを止めると後天的なDNAの変化が減少し、がんになりにくくなる。
タバコに含まれるニコチンが後天的にDNAを変化させることは、男性の精子でも起きている。加熱式タバコにもニコチンは含まれている。不妊症のリスクを避けるためにも、タバコを吸うのを止めたほうがいい。

精索静脈瘤ばかり、、

精索静脈瘤、男性不妊のほとんどがそうだ!
うちには8人もいる模様、全員血糖値が高い!しかし、手術された2人は下がりました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

精索静脈瘤の手術をすると血糖値が下がる。

4人の精索静脈瘤がある方に手術をお勧めしましたところ、二人の方がされました。そして二人共、予想通り血糖値も下がりました。やはり精索静脈瘤が先だったのか?どちらにしても下がったのだから妊娠しますね。(笑) 胃の状態も上がりました。これでミネラルも吸収できるようになり、精子は増えますね。これからが楽しみですね。。

ゆるいトランクスで精子の質向上

妊活をしている男性は、締め付けのない下着のパンツをはいた方がよいとする研究結果が9日、発表された。
 英学術誌「ヒューマン・リプロダクション(Human Reproduction)」に掲載された論文によると、体に密着するブリーフを好む男性に比べて、トランクス型のパンツを愛好する男性の方が有意に精子数が多く、精子濃度も高かったという。
 さらに、精子がより活発で、生殖ホルモン濃度も子をもうけるのにより適した状態だった。
 米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)のリディア・ミンゲス・アラルコン(Lidia Minguez-Alarcon)氏率いる研究チームは、病院で不妊症治療を受けているパートナーを持つ年齢18から56歳で、標準体重の男性656人を対象とする調査を行った。
 過去の研究でも同様の結論に達していたが、今回の研究よりサンプル数が少なかった。また、卵胞刺激ホルモン(FSH)に関する裏付けデータが得られたのも今回が初めてとなった。
 精子の順調な生成には、体温より3から4度低い温度の環境が不可欠だ。男性の陰嚢が体外にぶら下がっている構造をしている理由は、これで説明がつく。陰嚢は実質的に、精子を生成する睾丸を体腔の外に置く冷却装置となっており、何らかの理由でここでの冷却が妨げられると、精子の生成および質に問題が生じる恐れがある。
 男性の更衣室で長年にわたりトランクス派対ブリーフ派の間で展開されてきた議論は医学的なものではなく、その見た目についての性質を帯びていたが、その一方で「体にぴったりしたパンツは睾丸の温度を上げるか」という疑問は以前より提起されていた。

 今回の研究には参加していない英エディンバラ大学(University of Edinburgh)MRCリプロダクティブ・センター(MRC Centre for Reproductive Health)のリチャード・シャープ(Richard Sharpe)名誉教授は、「締め付けがより強い下着には、男性の精子生成機能を軽度だが有意に低下させる恐れがある。研究は、これについての強力な根拠となる証拠を提供している」と述べた。
 その一方で専門家らは、今回の最新研究には不確実性の余地を残した空白部分が多くあることを指摘し、追跡調査の必要性を強調している。
 今回の研究では、調査参加者はそれぞれ精子と血液のサンプルを提供したが、衣類に関する習慣については自己申告にとどまった。また、実際の妊娠結果を評価していないため、調査で明らかになった精子の数と質の差によって、望まれていた結果に最終的な差異が実際に生じたかどうかは不明のままとなっている。

精索静脈瘤は糖尿病から来るのか、それとも精索静脈瘤だから糖尿病になるのか?

少ないですが、うちの患者様、精索静脈瘤の方々は血糖値が高い傾向にある。95から100mg/dLくらい。
果たしてこれは、血糖値が先か、精索静脈瘤が先なのか?謎である。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

アーモンドなどのナッツ類を60g/日食べると男性不妊に効く。

Consuming 60 grams of nuts a day improves sexual function

ロビラ・イ・ビルジリ大学(スペイン)の研究チームは、「Nutrients」にて、ナッツ類に男性の性機能の質を高める効果があると発表した。男性がナッツ類を1日あたり60g摂取することにより、オルガスム(性的興奮の頂点)や精液など性機能の質が改善されるという。

同大学は、先行研究にて、ナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)により精子の質が改善すると報告している。今回、研究チームは、健康な男性を対象に、ナッツ類を食べる習慣と男性の性機能に対する効果を検証した。

日常的にナッツ類を食べる習慣があり、1日あたり60g摂取する男性は、精液の質が改善された。西洋料理(果物や野菜が少なく、動物性脂肪が多い)に加えてナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)を14週間、1日あたり60gを摂取した男性は、西洋料理のみの摂取と比べ、性的欲求とオルガスムの改善が認められた。

目標は100人妊娠。

まだ実現できていませんが、可能だと思うんです。年100人妊娠。
今までで最高は42人。
100人妊娠するとしたら今の妊娠率では134人くらい新患が来院されないと無理である。
新患多すぎ(笑)

で、今来院されてるのが26組。そのうち男性不妊なのが、17組。なので男性を治せれば確率は非常にアップすると思うのです。ただ、男性は、非協力的な人が多く、検査も行っていないのだ。自然妊娠できるレベルのことも知らない。こういうとこから是正していかないといけない。
体外の妊娠率は90%。
コネで来院されても全年齢で妊娠率90%以上ある。
男性不妊は10年前から増えてきた。そうリーマンショック後からですね。企業のリストラや合理化で座る仕事が増えたためと思われる。精索静脈瘤が増えてきた。これのツボもわかっている。奥様が不妊でない場合は速攻で妊娠する。でも高齢な方が多く、チャンスはそんなに多くない、でもそれを掴めば必ず妊娠する。
大体において奥様は90%以上が三ヶ月くらいで身体は出来る。後は男性側で血糖値(85以上)と精索静脈瘤がメインである。
これさえなんとかすれば妊娠100人も夢ではなさそうだ!!(笑)