受精卵を活性化させる新たな精子ファクターを発見

国立成育医療研究センターは1月15日、精子の中にある「クエン酸合成酵素」が受精卵を活性化させる精子ファクターとなることをマウスによる研究で明らかにし、クエン酸合成酵素の働きが年齢とともに弱まりクエン酸を合成できなくなることで、男性不妊を発症する可能性があることがわかったと発表した。この研究は、同センターの康宇鎭研究員、宮戸健二室長らの生殖研究グループによるもの。研究成果は、米国の病理学会誌「Laboratory Investigation」に掲載された。

“受精卵を活性化させる新たな精子ファクターを発見” の続きを読む

亜鉛や葉酸のサプリには「精子を増やす効果なし」と判明

GIGAZINEの記事によると
亜鉛は、不足してしまうと男性の性腺機能不全や精子形成の減少が起きることから、活発な細胞分裂と関係が深いとされる葉酸とともに、「精液の量や質を改善するサプリ」として服用されてきました。しかし、2000人以上の男性の精液を詳しく分析した実験により、「亜鉛や葉酸のサプリに精液の量や質を向上させる効果はない」ということが判明しました。

“亜鉛や葉酸のサプリには「精子を増やす効果なし」と判明” の続きを読む