ゆるいトランクスで精子の質向上

妊活をしている男性は、締め付けのない下着のパンツをはいた方がよいとする研究結果が9日、発表された。
 英学術誌「ヒューマン・リプロダクション(Human Reproduction)」に掲載された論文によると、体に密着するブリーフを好む男性に比べて、トランクス型のパンツを愛好する男性の方が有意に精子数が多く、精子濃度も高かったという。
 さらに、精子がより活発で、生殖ホルモン濃度も子をもうけるのにより適した状態だった。
 米ハーバード大学公衆衛生大学院(Harvard University T.H. Chan School of Public Health)のリディア・ミンゲス・アラルコン(Lidia Minguez-Alarcon)氏率いる研究チームは、病院で不妊症治療を受けているパートナーを持つ年齢18から56歳で、標準体重の男性656人を対象とする調査を行った。
 過去の研究でも同様の結論に達していたが、今回の研究よりサンプル数が少なかった。また、卵胞刺激ホルモン(FSH)に関する裏付けデータが得られたのも今回が初めてとなった。
 精子の順調な生成には、体温より3から4度低い温度の環境が不可欠だ。男性の陰嚢が体外にぶら下がっている構造をしている理由は、これで説明がつく。陰嚢は実質的に、精子を生成する睾丸を体腔の外に置く冷却装置となっており、何らかの理由でここでの冷却が妨げられると、精子の生成および質に問題が生じる恐れがある。
 男性の更衣室で長年にわたりトランクス派対ブリーフ派の間で展開されてきた議論は医学的なものではなく、その見た目についての性質を帯びていたが、その一方で「体にぴったりしたパンツは睾丸の温度を上げるか」という疑問は以前より提起されていた。

 今回の研究には参加していない英エディンバラ大学(University of Edinburgh)MRCリプロダクティブ・センター(MRC Centre for Reproductive Health)のリチャード・シャープ(Richard Sharpe)名誉教授は、「締め付けがより強い下着には、男性の精子生成機能を軽度だが有意に低下させる恐れがある。研究は、これについての強力な根拠となる証拠を提供している」と述べた。
 その一方で専門家らは、今回の最新研究には不確実性の余地を残した空白部分が多くあることを指摘し、追跡調査の必要性を強調している。
 今回の研究では、調査参加者はそれぞれ精子と血液のサンプルを提供したが、衣類に関する習慣については自己申告にとどまった。また、実際の妊娠結果を評価していないため、調査で明らかになった精子の数と質の差によって、望まれていた結果に最終的な差異が実際に生じたかどうかは不明のままとなっている。

精索静脈瘤は糖尿病から来るのか、それとも精索静脈瘤だから糖尿病になるのか?

少ないですが、うちの患者様、精索静脈瘤の方々は血糖値が高い傾向にある。95から100mg/dLくらい。
果たしてこれは、血糖値が先か、精索静脈瘤が先なのか?謎である。
精索静脈瘤には程度があり、瘤の大きさが血糖値に比例してるのか?
どうもそのような気がしてならない。サンプルが少ないのでわかりませんが。

私の精索静脈瘤かどうか判断するのは、左股関節あたりに手をかざして判断します。静脈の流量をみます。左7右3ならば精索静脈瘤です。6:4くらいならば疑精索静脈瘤。
精索静脈瘤のかたは胃が悪い人が多く、いつも自律神経が悪い傾向にある。
治療は、ただ自律神経を治すのではなく、症状がどこから来ているのかを特定していかないといけない。薬みたいな効かし方では治らない。それが食から来ているならば食事指導も出来ないといけない。ストレスから来ているならば、ストレス緩和治療ができないといけない。手術をしても血糖値は下がらないかもしれない、30%くらいしか改善しないためだ。ならば手術プラス、ツボ治療ならば治るかもしれない。うまくいけば精索静脈瘤は完治するかもしれません。そうなれば男性不妊の大部分を占めている精索静脈瘤が治り不妊自体の30%くらいは解消すると思います。
うまくいけば画期的な治療方法になると思います。

アーモンドなどのナッツ類を60g/日食べると男性不妊に効く。

Consuming 60 grams of nuts a day improves sexual function

ロビラ・イ・ビルジリ大学(スペイン)の研究チームは、「Nutrients」にて、ナッツ類に男性の性機能の質を高める効果があると発表した。男性がナッツ類を1日あたり60g摂取することにより、オルガスム(性的興奮の頂点)や精液など性機能の質が改善されるという。

同大学は、先行研究にて、ナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)により精子の質が改善すると報告している。今回、研究チームは、健康な男性を対象に、ナッツ類を食べる習慣と男性の性機能に対する効果を検証した。

日常的にナッツ類を食べる習慣があり、1日あたり60g摂取する男性は、精液の質が改善された。西洋料理(果物や野菜が少なく、動物性脂肪が多い)に加えてナッツ類(クルミ、ヘーゼルナッツ、アーモンド)を14週間、1日あたり60gを摂取した男性は、西洋料理のみの摂取と比べ、性的欲求とオルガスムの改善が認められた。

目標は100人妊娠。

まだ実現できていませんが、可能だと思うんです。年100人妊娠。
今までで最高は42人。
100人妊娠するとしたら今の妊娠率では134人くらい新患が来院されないと無理である。
新患多すぎ(笑)

で、今来院されてるのが26組。そのうち男性不妊なのが、17組。なので男性を治せれば確率は非常にアップすると思うのです。ただ、男性は、非協力的な人が多く、検査も行っていないのだ。自然妊娠できるレベルのことも知らない。こういうとこから是正していかないといけない。
体外の妊娠率は90%。
コネで来院されても全年齢で妊娠率90%以上ある。
男性不妊は10年前から増えてきた。そうリーマンショック後からですね。企業のリストラや合理化で座る仕事が増えたためと思われる。精索静脈瘤が増えてきた。これのツボもわかっている。奥様が不妊でない場合は速攻で妊娠する。でも高齢な方が多く、チャンスはそんなに多くない、でもそれを掴めば必ず妊娠する。
大体において奥様は90%以上が三ヶ月くらいで身体は出来る。後は男性側で血糖値(85以上)と精索静脈瘤がメインである。
これさえなんとかすれば妊娠100人も夢ではなさそうだ!!(笑)

男性不妊の割合は62%

2019.7.1から2019.7.15までの男女の不妊割合を出して見ました。

来院26組中、

明らかに男性不妊であると思われるのが、13組。
明らかに女性不妊であると思われるのが、9組。
あとの4組は半分半分くらい。

なので、
男性不妊の割合は62%と出た!
主な原因と思われるのが、血糖値で、90以上あり平均100ある人が多い。
ちなみに二人目不妊と言われてる原因はほとんどがこれで95%以上に登る。
女性の場合は高齢(44歳以上)か免疫疾患です。

世間では男性側が50%ということになっているが、こういう結果になりました。
日本は男性、精子の検査が欧米に比べて進んでいない、特に精索静脈瘤とか血糖値、ヘモグロビンなどが悪い数値が多く、発見が遅れているのが現状であると思われる。

妊活の参考になるかも!

Twitterの投稿を抜粋します。参考になれば幸いです。

 先進国の精子減少の原因の1つに環境ホルモンがありますが、代表的なのが洗剤です、その中に界面活性剤がありますが、、その洗剤をいまだに川に流している家がありますね。最悪です。

 私にはコウノトリが降りてくるのが見えますが、降りてきても宿らないと妊娠しません。非常にもったいないこと、おりてくるのはそうないのです。精神が出来ていれば宿ります。そのためには純粋な気持ちが大事になります。

 普通、血糖値というのは三回の治療で下がります。それでさがらないというのは不妊治療というものに不信感がある証拠です。同じことを繰り返しやっていても結果は一緒ですね。

 女性の場合、年齢関係なく心の持って行き方で出来たり出来なかったりする。考え方でホルモンが活性化しますね。

 旦那様に自覚を即するようでは程遠い。出来る人というのは最初からそうしてる。日本では夫婦一緒の治療ではないのでそうなる。

 不妊治療の経過は私は決められない。相談は受けますが決めているのはあくまでもあなた達夫婦です。強権発動した方が出来ますが、それは望まない妊娠かもしれません。

 今の時期、寒暖の差が激しい、自律神経が乱れやすい傾向があります。出来る人というのはそういう自己管理が出来ている人。膝から下の運動が肝ですよ。

 妊娠できる人は治療後のベッドを見ればわかる。

 麻酔も含めて痛み止めを使っていると出来にくくなりますよね。

 血糖値が下がった人から妊娠する。下がらないと何してもダメだということを知るべきです。睡眠の質が肝。

 うちで出来ない人はほとんど、というか100%近くが精子の老化で糖尿で出来ない。しかし、治ったら年齢関係なく出来ています。

 私は43歳以上の人には語るようにしていますが、それを実行出来るか出来ないかは年齢関係ないみたいですね、だから高齢でもできるんですね。(笑)

 橋本病の薬を飲んでいたら中々出来ない。鍼で治ります。飲んでいると、下腹部がすっからかんになります。

 二人目不妊の原因は90%以上の確率で旦那様の血糖値が原因です。85以上は要注意です。HbA1cは5.2以上。

 妊娠できる身体になっているのに信じきれないので妊娠しないのは勿体無いよ。
45歳で一回の治療でできた人は数人います。それは二人目だからです。一人目は苦労してできましたが、身体が出来たから出来たんです。なので身体が出来れば出来ますが、精神的気持ちがついてこないと出来ないようです。

 どんなに忙しいビジネスマンでも子供が欲しい人は予約してきます。自分で予約しないのは信用度が低いか欲しくないからです。

 妊活は精子の方にリスクが多いのに卵子にお金かけすぎている。この傾向はいつまで経っても良くならない。頭の良い人はさっさ妊娠としますよね。

 世の中は正しい事を言っている人を見抜ける人は僅かしかいない、あと何十年かして、あれは本当だったんだなとわかる。でもその時まで待っていたら産めなくなるよ。

 運動不足が目立ちますね!体力のなさが自信のなさに繋がっている。下肢の筋肉のなさが冷えに繋がっている。子供を欲しい人は努力を惜しまない。

 だめな肝臓は正常なるバンドが狭い。ミネラルを摂りすぎると溜め込んで機能低下を起こす。足りないと正常な精子や卵子にならない。バンドが狭いと難しい。。そのあたりは検査に出ないので病院ではわからない。体質にあった食事が肝なんです。

 目的は妊娠ではなく健康な赤ちゃんを産むことですよね。

 ダーク色したお腹を持っている人は信じているものを間違っているのです。

 私ってなんなんだろう?社会に対して何が出来るだろう?赤ちゃんだけ作って良いのだろうか?目先の事に囚われてはいないだろうか?本来の目的は、
健康で病気に負けない遺伝子を作ること。この社会に貢献できる基盤となる強靭な身体、精神を宿す遺伝子を作ること。

 その親はどうであれ、違うところから降りてきた魂は健全な身体に宿る。強い遺伝子が子孫繁栄となる。人類の将来にどう貢献出来るかが私の使命。僅かですが強い遺伝子は残すことが出来たがまだまだだ。1人の天才が100万人を養えるように。10人は作りたい。

 私は穢れに弱い、なので穢れている人を診ると疲れます。この流れが何とかならんものかな?穢れは「気枯れ」すなわち「生命力の枯渇」のことであるとされ、その状態では人は罪を犯してしまいやすい状態にあると考えられており、「心の平静を保てなくするような事象」はその「気枯れ」につながると考えられた。

 私の能力を利用しないと損ですよ、出来る人というのは、僻み、妬みはないひとたちです。何でも質問してください、但し、その答えは真理を突いているので、妬み僻みがある人は私の答えに対して正確に判断しにくい。普通に答えても普通に聞こえている人はできる人である。

パラベンにより男性不妊

Nofer労働医学研究所(ポーランド)は、先月、「Journal of Occupational and Environmental Medicine」にて、パラベンがテストステロン(男性ホルモンの一種)量を減少させ、精子機能を低下させると発表した。
パラベンにより精子運動率の低下、形成異常、質・機能の劣化が生じ、男性不妊の要因に成り得るという。パラベンは有機化合物であり、石鹸、クリーム、化粧品などに含まれる。また、食品、医薬品の防腐剤として使用されている。
研究チームは、ポーランドの医療機関にて不妊治療を受ける男性315人を対象に、パラベン5種類より合法的に生成したガス(1mL当たり15〜300mln)を吸引させ、パラベンが精子に与える影響を分析した。
尿中パラベン濃度が高い男性は、尿中パラベン濃度が低い男性と比べ、精子奇形率・異常形態率が高く、大部分の精子が形成異常であることが認められた。尿中パラベン濃度が極めて高い場合、形成異常精子に加えてDNA損傷精子の増加、精子運動率の低下は著しく、男性不妊が生じた。
動物モデル実験による先行研究では、パラベンがエストロゲン(女性ホルモンの一種)を模倣し、テストステロン量を減少させると報告された。

今回の研究において、パラベンが精子機能に影響を及ぼす摂取量は明らかになっていない。しかしながら、パラベンが精子機能を劣化させ、男性不妊の要因になることは確認された。ヨアンア・ユーレヴィッチ(Joanna Jurewicz)氏は、パラベン含有量の低い、あるいはパラベンフリー商品の使用を推奨している。

https://insights.ovid.com/crossref?an=00043764-900000000-98881