27年を振り返ってみて

今年度も始まりました。

さて、ここを開業して27年になります。ニモも27歳。(笑)
2008年までは妊活以外の治療が主でしたが、それ以降、急に40歳以上の妊活の方々が増えだしてきました。体外受精が失敗される人が増えまして妊娠されない人が増えてきまして勉強せざるを得ませんでした。
病院がどのようなシステムでやっているのか勉強してみて愕然としました。(壊れている受精卵を戻しているため)これはできないな!と、それから病院との兼ね合い(薬を使用する)で、どうしたらできるのかと勉強しました。薬の副作用を制すると、できることがわかり、そのためには薬に負けない肝臓を作るのだと!幸い私は肝炎も肝硬変も治せたので意外とすんなり行けました。そして不育症の方も沢山来院されるようになり、それも勉強したところ、ヘモグロビンと血糖値だと気がつきました。2013年くらいまでは順調に妊娠していました。それが2015年辺りから男性不妊が増えてきたのです、それも糖尿病がらみの難治性のものです、それも食事の勉強で解決できていますが、男性のやる気に左右されますので妊娠率は下がりました。でも最近になりそれもクリア出来るようになり妊娠率は以前のように戻りました。免疫系(ACA,ANA)の方々も増えてきまして、それも解決できました。

27年でわかったことは、

○内膜は何mmでも妊娠する。
○高齢な卵子も復活する。
○感染症からくる切迫も一回で治る。
○前置胎盤も治る。
○49歳までは出来ることがわかった。
○抗体が高い人もできるようになった。

コロナが早期に収束し、心置きなく妊活ができますようお祈りしています。

コメントを残す