体脂肪率の調整で血糖値は下がる

血糖値が不妊、不育に大部分を占めていることは、このブログに書いてきた通りです。85以下が望ましい。A1cは5.2以下。
で、血糖値が高い人は体脂肪率も高い。体脂肪が減ると血糖値も下がることがわかった。
なので体脂肪を減らすと妊娠することもわかった。
その目安なんですが、
オムロンのサイト

男性、15%前後が目安。20%以上が良くありません。

女性、25%前後が目安。20%以下が良くありません。

うちでできない人はほとんどこれに当てはまっています。

#因みに体重計で測った場合、オムロンとタニタでは数値に違いが出る場合があります。
オムロンよりもタニタが2から3低く出ることがあります。
また、お風呂に入る前と出た後でも違いが出ます。入った後は2位下がります。

ここからはお勧めサプリ
内臓脂肪と皮下脂肪の減少サポートするメタストンW

エラグ酸で体重、体脂肪などの減少をサポート
ミドル世代以降のお悩みをサポート【ネイチャーシェイプ15600】

血糖値を抑えるのも良い手です。
菊芋に含まれるイヌリンが食後の血糖値上昇を抑える!

内膜の厚みとは

妊娠に意味のある内膜と、ない内膜とは、何が違うのだろうか?
要は妊娠できる内膜とできない内膜の差である。
そんなの内膜の厚みではないの?
と思っているでしょう?
実は違うのです。
内膜は薄くても妊娠しています。
では何が違うのでしょうか?
超音波の写真でもよく見れば違いがわかりますが、
内膜の濃さとでも言いましょうか、良い波動を持っています。多分、科学的に分析してみれば明白となると思いますが、子宮のミネラルバランスが良いと、いい内膜が出来上がります。亜鉛とカルシウムがそれです。亜鉛とカルシウムがきちんと取り込める腸を持っていなければなりません。
私はそれをツボで調節します。

で、着床前診断で作った受精卵でも30%は出産できないのは事実である。それでその30%のうち98%は鍼灸をすればできる。という事実も明白なのである。

#このような重要な話題もgoogleには引っかからないというのも事実なのである。

鉄や亜鉛、葉酸などのサプリについて

妊娠するには亜鉛とカルシウム

子宮内膜を厚くするツボ

安産、子宝祈願の巡礼することの意義

私は皆様の安産、子宝祈願のため、西国三十三所を歩いて祈願しています。一周すると約1000kmあります。以前は四国八十八ヶ所も回っていました。
西国三十三所を廻るとなぜ授かるのか?昔からこう書かれています。
ーーー
そもそも修験関係の僧侶や山伏が修行として行なっていた西国巡礼は一般民衆とは無縁のことであると思われる。一般民衆が巡礼に参加するようなったきっかけとして、巡礼案内書や西国三十三所観音霊場寺院が説いた西国巡礼の御利益が巡礼者を誘致したと考えられる。江戸中期の巡礼案内書『西国順禮細見記』に西国巡礼の御利益として、
順礼十種の徳
◯一ツニハ三あくどうにまよハず
◯二ツニハりんじう正念なるべし
◯三ツニハ順礼する人の家にハ佛 ゑうがうあるべし
◯四ツニハ六くハんをんのぼん字ひたいにすハるべし
◯五ツニハふくちゑんまんなるべし
◯六ツニハ子孫はんじやうすべし
◯七ツニハ一生の間僧くようにあたるなり
◯八ツニハふだらくせかいに生ず
◯九ツニハかならずじやうどにわうじやうす
◯十ツニハしよぐハん成就する也

とある。中山寺文書の『西国縁起』にも

順礼の功徳広大なるゆへに。十徳をあげて
一ニハ三悪道にまよわず
二ニハりんじう正念なるべし
三ニハ順礼せし人の家ニハ諸仏影向す
四ニハ六観音の梵字額 にすハるなり
五ニハ福智円満なるべし
六ニハ子孫繁昌すべし
七ニハ一生さいなん来らず
八ニハ補陀落世界にあそぶ
九ニハかならず浄土に往生す
十ニハ一切諸願成就満足す

と、ほとんど同様な巡礼の功徳が記されている。巡礼者の家には常に観音様と諸仏の加護あり、代々子孫繁昌で絶えることがないと保証される、巡礼した人は生存する間に悪事災難がなく、どんな願いも叶えられる、死亡した後も地獄・餓鬼・畜生という三悪道に堕ちることはなく、必ず極楽浄土に生まれ変わり、観音が坐す補陀落浄土へも行けると約束する、という。徳道上人の冥界訪問譚にしても花山院の巡礼中興譚にしても西国巡礼の縁起物で強調している「地獄に堕ちることなく、必ず極楽浄土に往生できる」という閻魔王の承諾のみならず、巡礼した人自身の現世の幸福も家の代々繁昌も約束される。これは平安末期から貴族と公家を中心として盛行してきた浄土信仰と中近世における現世利益を重視する庶民信仰の集大成的広告文と言えるであろう。このような「順礼の十種の徳」は極楽往生を志願する人に対しても、現世の多福を求める人に対しても西国巡礼を勧誘しようとする意欲を示しているのではないかと考えられる。

歩き巡礼することの意義

妊娠率を決めるのは

昔から来ている患者さんは知っている?とは思うが、定期的にアップするのですが、知っている人はスルーしてください。

妊娠するには、私が治療をして疲れていたのではできません。
私は特殊な身体、心の持ち主で、患者さんの身体、心を共有することで悪いところが一発でわかるのです。
なので悪い所が移ってしまうのですが、それは私の修行により解決してきました。
ですが、それも限度があります。それは、あまりに強い邪気や悪い信仰によって患者さん自身が身体や心が痛んでいるからです。
具体的には、両親から受け継いだ身体や心にあった妊活や治療ができていないためなんです。それを無理やり、真っ直ぐに戻そうとしたら非常に私は疲れます。だから週休3日なんですが。(笑)
まあ、患者さんが妊活に対する思いは千差万別なので、それに合わせていくのですが、それに限度があるのです。

特に、やらない方が賢明な物をここに書いときます。

○体に合わないピルなどの薬を使った治療、
を信仰するとテンションが上がり自律神経が悪くなる。角が生えてくるのですぐわかる。因みに青鬼と赤鬼がいます。顔色が変わります。何でも手を合わせるものではない。

注:同じ薬などを使っていても人それぞれなのです。悪くない人もいます。信仰心にしても人それぞれなので信仰心が悪いわけではありません。

これらで、妊娠率は大きく変わってきます。
皆様が安楽に妊活できますように修行をさせていただきたいと思います。

27年を振り返ってみて

今年度も始まりました。

さて、ここを開業して27年になります。ニモも27歳。(笑)
2008年までは妊活以外の治療が主でしたが、それ以降、急に40歳以上の妊活の方々が増えだしてきました。体外受精が失敗される人が増えまして妊娠されない人が増えてきまして勉強せざるを得ませんでした。
病院がどのようなシステムでやっているのか勉強してみて愕然としました。(壊れている受精卵を戻しているため)これはできないな!と、それから病院との兼ね合い(薬を使用する)で、どうしたらできるのかと勉強しました。薬の副作用を制すると、できることがわかり、そのためには薬に負けない肝臓を作るのだと!幸い私は肝炎も肝硬変も治せたので意外とすんなり行けました。そして不育症の方も沢山来院されるようになり、それも勉強したところ、ヘモグロビンと血糖値だと気がつきました。2013年くらいまでは順調に妊娠していました。それが2015年辺りから男性不妊が増えてきたのです、それも糖尿病がらみの難治性のものです、それも食事の勉強で解決できていますが、男性のやる気に左右されますので妊娠率は下がりました。でも最近になりそれもクリア出来るようになり妊娠率は以前のように戻りました。免疫系(ACA,ANA)の方々も増えてきまして、それも解決できました。

27年でわかったことは、

○内膜は何mmでも妊娠する。
○高齢な卵子も復活する。
○感染症からくる切迫も一回で治る。
○全前置胎盤も治る。
○49歳までは出来ることがわかった。
○抗体(ACA,ANA)が高い人もできるようになった。

コロナが早期に収束し、心置きなく妊活ができますようお祈りしています。

一人を除いて全員妊娠

去年、うちで妊活を始められた方で、一人を除いて全員妊娠しました。と言うことが統計をとってわかりました(笑)
その一人の方も、アクティブに来院されていないのですが、もうすぐ妊娠します。
もう、6年前から治療方法を確立してから、やっとここまで来ました。
患者様、皆様に感謝申し上げます。m(__)m

でも、不妊の原因の把握は98%していますが、あと残りの2%が完成すれば次のステージに参りたいと思います。