AMHが0ng/mlからの卵胞の作り方

AMHが0ng/mlでも何人も出産しています。可能性としては50%以上あります。ただし1年以上掛かることもあります。
ということを踏まえまして、

うちに来院される40歳以上では、AMH(抗ミュラー管ホルモン) 0.2ng/ml 以下がほとんどです。でも妊娠するんですね。。
卵子はほっとくとどんどんダメになって行きますが、根本から老化を治して行くと生き残ります。肝臓年齢が関与していると思われます。その肝臓を含めた内臓を若くすると休眠状態の卵子も活性化するみたいです。その技術にこの十数年取り組んできました。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について