抗核抗体(ANA)、抗セントロメア抗体(ACA)

抗核抗体(antinucler antibody)とは,真核細胞の核内に含まれる様々な抗原性物質に対する抗体群の総称である。
代表的なものでは、
自己免疫性疾患, 各膠原病(オーバーラップ症候群,シェーグレン症候群,強皮症,混合性結合組織病,自己免疫性肝炎,全身性エリテマトーデス(SLE),多発性筋炎/皮膚筋炎,関節リウマチ), 薬剤誘発性ループス、などがある。

いま、うちではこれらに該当していると想像される患者さまは4人いらっしゃる。
悪いところは共通している。
ツボも共通している。

でも中々結果がでてこない。以前、一人は妊娠出産された。これには治療回数が足りないのか?週2回は必要なのかもしれない。
鍼を半年以上するとAMHが上がることがわかっている。なので長いこと来院されてる人は以前よりも採卵数が伸びている。
4人のうち誰かが週2回来れたら妊娠するかもしれない。
どなたかに頼み込んでみよう。

抗セントロメア抗体

ヘモグロビンが14以上ある人が多い。
これが13以下に下がって安定し半年経たないと良い卵子は出来上がらない。
鉄が上がるのは以外とお茶がキーワードになってくる。
緑茶、ルイボスティーも上がる。
特に茶色のお茶には要注意だ!

ヘモグロビンが13以下になってからが勝負だ!

44歳

報告遅れましたが、先週、出産されました。
おめでとうございます。
産んでくださって本当に有り難うございます。
二人目でAIHですが、44歳なのに何事もなく順調に産まれました。
これからも精進させていただきます。
皆様、宜しくお願いします。

P.S.
最近のトピックス!
抗セントロメア抗体の正体を摘もうと思って昨年から色々試行錯誤しています。
現代病で文明病なのであるからヒントはあるのですが、、
眼ですか。。。
早く治って欲しいです。

抗セントロメア抗体(ACA)

抗セントロメア抗体(ACA)は抗核抗体(ANA)の一つであるが、,
高頻度に多全核形成率が高くなる原因はよくわかっていない。

うちに来院されてる患者様の中で2人だけいらっしゃる。
でも症状から察するともう数人いるようではある。
私が診たところ、自律神経関係がおかしくなっている。
ツボの位置も共通性がある。
もし、これが治ったらどれだけの人が救われるだろう。
いつもどおり頑張るしかない。。