「二人目の壁」73.5%の夫婦が実感

公益財団法人1more Baby応援団(所在地:東京都港区、理事長:森まさこ)が、
夫婦の出産意識調査2019、既婚者2,961名に加え、自身、配偶者が不妊を検討、経験したことがある方1,021名に対し、調査を実施

不妊で悩んでいる人の35.6%が「二人目不妊」
「理想の子供の数は2人以上」の人は71.4%
「二人目不妊」に悩む男性の妊娠できない要因は「自身の不妊」14.7%
とか、、

男性は二人目不妊原因は自分にあるという認識はたったの14.7%しかない。これが現実。
うちでは90%以上が男性側にあります。
これなんですよね、真理と現実のギャップは!

不妊の真理は不妊側の意識が低いことにある。
全国の二人目不妊の方が救われますように祈っています。

二人目

皆さん、二人目は順調に出来ている様ですね。
一人目を、うちで出来ている場合、言いつけを守っていれば順調に出来ます。

もし、子宮が出来ているのに、出来ない場合、旦那様の水虫を疑ってみるといいです。
治せば出来るかもです。。
治す時は、貴方も一緒にです。
これが大事。。

器の大きさ

うちで二人目不妊の方は現在二人だけしかいません。ほとんどの方は妊娠しました。(笑)
ということをふまえて。

器の大きい人の特徴というと人間が出来ている人のことをいうと思いますが、
自分の心を感情的ではなく論理的にコントロールでき、間違ったときは自分の非を認め謝罪が出来る人。
細かいことなどどうでもいいことを気にしなくて人を差別しない。
いつも笑顔が絶えないで機嫌が良く災難が降り掛かっても他人のせいにしない。
他人の良い所をいつも見ていて的確なアドバイスが出来る。

などなど、しかし、器とは自分ではかるのではなく他人が決めることである。

で、本題ですが二人目が出来にくい人の特徴が、先に生まれたお子様の教育で疲れていて器が小さくなっていることが感じられます。
上記のことをふまえ的確なアドバイスが出来れば二人目不妊は治ります。(笑)