出産報告

今朝、10時10分に3215gの女の子が生まれました。
母子ともに元気です^_^

先生と奥様のおかげで、無事にこの日を迎えられたこと、本当に感謝してもしきれません。

本当にありがとうございました。

また改めて、ご挨拶に行かせてください。
ありがとうございます。

2019.1.4

カテゴリー: ブログ | タグ: , , | 出産報告 はコメントを受け付けていません。

子宮内フローラ改善

今、話題の子宮内フローラですが、薬を飲まなくとも改善します。
鍼で経管感染症や前前置胎盤も治ることから子宮内フローラも改善していると思われます。
腸内の悪玉細菌が多い人は経管や子宮内フローラがやられていると思われます。
悪玉細菌は年齢とともに上昇します。
なのでほとんどの高齢の方は改善が必要と思われる。

うちは高齢の出産率が異常に高いが上記のことが関連していると思います。

カテゴリー: ブログ | タグ: | 子宮内フローラ改善 はコメントを受け付けていません。

女子高校駅伝で鉄剤注射

YOMIURI ONLINEによると

 日本陸上競技連盟が2016年4月から、「鉄分が内臓に蓄積し体に悪影響がある」として使わないよう警告している貧血治療用の鉄剤注射を、高校駅伝の一部強豪校が警告後も使っていたことが関係者への取材でわかった。これらの高校は使用をやめたというが、陸連は他でも使われている可能性があるとして、陸連主催の全国高校駅伝大会(23日)で改めて警告し、来年の同大会からは出場選手に血液検査結果の報告を義務付ける方針だ。

 鉄剤注射は本来、鉄分不足による重度の貧血治療用だが、陸上関係者によると、持久力が高まるため、貧血になりやすい女子長距離選手を中心に2000年頃から全国に広まった。陸連は15年、鉄分過剰で肝機能障害などを起こした事例を把握し、16年4月に警告した。

ーーー
私が何時も言っていること。
これを読んでどう思うかはあなた次第!

過剰な鉄分

カテゴリー: ブログ | 女子高校駅伝で鉄剤注射 はコメントを受け付けていません。

妊婦受診に今春から追加料金

asahi.comによると

 妊婦が医療機関を受診すると追加料金が必要になる仕組みが、4月から始まった。この「妊婦加算」に批判があることを受け、厚生労働省は「丁寧な診療」を行うためにかかる費用だとして理解を求めている。都道府県などに通知を出し、妊婦や家族らへの情報提供を進めるよう要請した。
 妊婦健診を除く全ての診療について、妊婦は追加料金を払うこととされている。追加料金は受診時間帯によって異なり、自己負担が3割なら初診で230〜650円、再診で110〜510円。
 根本匠厚労相は13日の閣議後記者会見で、「胎児への影響に配慮した薬剤の選択、あるいはレントゲン撮影が困難な場合があり、通常よりも丁寧な診察が必要」と述べ、加算の必要性を強調した。
 厚労省は「すこやかな妊娠・出産のためには、妊娠中の健康管理が重要」との判断から妊婦加算が新設されたという趣旨を、妊婦や家族に広く知らせるよう、都道府県などにあてた2日付の通知で要請している。

ーーー
2020年度から制度廃止?

カテゴリー: ブログ | 妊婦受診に今春から追加料金 はコメントを受け付けていません。

抗核抗体(ANA)、抗セントロメア抗体(ACA)

抗核抗体(antinucler antibody)とは,真核細胞の核内に含まれる様々な抗原性物質に対する抗体群の総称である。
代表的なものでは、
自己免疫性疾患, 各膠原病(オーバーラップ症候群,シェーグレン症候群,強皮症,混合性結合組織病,自己免疫性肝炎,全身性エリテマトーデス(SLE),多発性筋炎/皮膚筋炎,関節リウマチ), 薬剤誘発性ループス、などがある。

いま、うちではこれらに該当していると想像される患者さまは4人いらっしゃる。
悪いところは共通している。
ツボも共通している。

でも中々結果がでてこない。以前、一人は妊娠出産された。これには治療回数が足りないのか?週2回は必要なのかもしれない。
鍼を半年以上するとAMHが上がることがわかっている。なので長いこと来院されてる人は以前よりも採卵数が伸びている。
4人のうち誰かが週2回来れたら妊娠するかもしれない。
どなたかに頼み込んでみよう。

カテゴリー: ブログ | タグ: , | 抗核抗体(ANA)、抗セントロメア抗体(ACA) はコメントを受け付けていません。