10月より最終受付を18時に

10月から最終受付を18時にさせていただきます。

宜しくお願いします。

カテゴリー: ブログ | 10月より最終受付を18時に は

2015年体外受精の出産率は11.7%

 日本で2015年に行われた体外受精は42万4151件で、赤ちゃんの約20人に1人に当たる5万1001人が生まれたとの調査結果を日本産科婦人科学会がまとめた。治療件数も出生数も過去最多を更新した。
 晩婚化などを背景に、不妊に悩む女性が増えているとみられ、体外受精は右肩上がりの傾向が続いており、今後も増え続ける可能性が高い。埼玉医大の石原理(いしはらおさむ)教授(産婦人科)は「より早い時期に不妊治療を受けられるよう、子育て支援や経済的援助などを充実していく必要がある」と話している。
 体外受精で生まれた赤ちゃんは、1983年に東北大で初めて誕生してから15年までに合計約48万2600人となった。調査によると、15年に体外受精をして出産に成功した女性の割合は11・7%だった。
 調査対象は学会に登録の全国約600の医療機関。出産に成功したのは30歳で21・5%、35歳で18・4%、40歳で9・1%、42歳では4・5%。年齢とともに出産が難しくなる傾向が見られた。治療を受けた女性の4割が40歳以上だった。
 治療で妊娠したが流産してしまう割合も30歳で16・5%、35歳で20・1%だったが、40歳で34・6%、42歳で45・9%と同じ傾向だった。
 体外受精は取り出した精子と卵子を体外で受精させて子宮に戻す不妊治療。40歳に近づくと出産に成功する比率が低くなるため、不妊治療の公費助成は治療開始時に女性が42歳までとなっている。

2015年体外受精

ーーー
非科学な体外受精は、2/3は無駄である。

カテゴリー: ブログ | タグ: , | 2015年体外受精の出産率は11.7% は

また一つ、不妊のツボ発見。

良いツボを発見出来ました。
そこに打つと、腸が開き、ミネラルが吸収しやすくなり卵巣、子宮が若返ります。
ストレスも無くなります。

その例として、
44歳で一回の採卵で胚盤胞4つ取れました。

カテゴリー: ブログ | タグ: | また一つ、不妊のツボ発見。 は

パラベンにより男性不妊

Nofer労働医学研究所(ポーランド)は、先月、「Journal of Occupational and Environmental Medicine」にて、パラベンがテストステロン(男性ホルモンの一種)量を減少させ、精子機能を低下させると発表した。
パラベンにより精子運動率の低下、形成異常、質・機能の劣化が生じ、男性不妊の要因に成り得るという。パラベンは有機化合物であり、石鹸、クリーム、化粧品などに含まれる。また、食品、医薬品の防腐剤として使用されている。
研究チームは、ポーランドの医療機関にて不妊治療を受ける男性315人を対象に、パラベン5種類より合法的に生成したガス(1mL当たり15〜300mln)を吸引させ、パラベンが精子に与える影響を分析した。
尿中パラベン濃度が高い男性は、尿中パラベン濃度が低い男性と比べ、精子奇形率・異常形態率が高く、大部分の精子が形成異常であることが認められた。尿中パラベン濃度が極めて高い場合、形成異常精子に加えてDNA損傷精子の増加、精子運動率の低下は著しく、男性不妊が生じた。
動物モデル実験による先行研究では、パラベンがエストロゲン(女性ホルモンの一種)を模倣し、テストステロン量を減少させると報告された。

今回の研究において、パラベンが精子機能に影響を及ぼす摂取量は明らかになっていない。しかしながら、パラベンが精子機能を劣化させ、男性不妊の要因になることは確認された。ヨアンア・ユーレヴィッチ(Joanna Jurewicz)氏は、パラベン含有量の低い、あるいはパラベンフリー商品の使用を推奨している。

https://insights.ovid.com/crossref?an=00043764-900000000-98881

カテゴリー: ブログ | タグ: , | パラベンにより男性不妊 は

写真を撮らせていただきました。

岡山市M様

岡山市M様

カテゴリー: ブログ | タグ: , | 写真を撮らせていただきました。 は