解熱鎮静剤の服用と胎児に与える影響

エジンバラ大学の研究により、妊娠期間中、長期に亘り、母親が「タイレノール」「パラセタモール」といった解熱鎮静剤を服用すると、胎児が男の子である場合、影響を受け、将来、不妊症になる可能性があると判明した。
「タイレノール」「パラセタモール」は、妊娠期間中でも安心して服用できる解熱鎮痛剤として推奨されている。
一方、エジンバラ大学の研究者らは、薬に含まれる有効成分「アセトアミノフェン」がテストステロンの生成に影響を与え、テストステロンが減少すると考えている。
特に、子宮内のテストステロンが減少すると、胎児が男の子の場合、不妊症、停留精巣(精巣の下降が不完全な状態、先天性の疾患)、精巣腫瘍になるリスクが高くなるという。

テストステロンの生成に対してアセトアミノフェンが与える影響について、マウスによる実験により検証した。
7日間、マウスに「タイレノール」を1日の服用量にて与えたところ、テストステロンが45%減少したという。
研究者らは、妊娠期間中、長期に亘り、タイレノールを服用することを問題視している。一方で、妊婦に対してタイレノールの服用を止めるように促している訳ではない。
エジンバラ大学のロッド・ミッチェル博士(Rod Mitchell)は、妊娠期間中にタイレノールを服用する場合は、使用上の注意に従い、最少量にて短期間での服用を推奨すると述べている。

http://www.torontosun.com/2015/05/25/too-much-tylenol-during-pregnancy-could-increase-risk-of-male-infertility-study

アセトアミノフェンは風邪薬に含まれていることが多いです。男性不妊が少しだけ解りました。