排卵の瞬間をカメラに捉えることに成功

ベルギー Catholic University of Louvain(UCL)のJacques Donnez博士は、排卵の瞬間をカメラに捉えることに成功した(BBCの記事NewScientistの記事、それぞれ4枚の画像あり)。これは、45歳の女性が子宮の摘出手術を行っているときに捉えたもので、卵子が赤い突起部分からゼリーのような物質に覆われて出てくることが確認できる。また、排卵は一瞬で行われているという説があったが、この排卵プロセスは15分ほどかかったという。

関連記事はこちら